文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

統計用語解説 や行

や行

有業者

就業構造基本調査において、ふだんの状態として、収入を得ることを目的とした仕事を持っており、調査期日(10月1日)以降も仕事を続けていくことになっている者及び仕事は持っているが現在は休んでいる者をいう。家族従業者は、収入を得ていなくてもふだんの状態として仕事をしていれば、有業者に含まれる。有業者には、会社に雇われていたり自家営業など、仕事を主にしている者と、家事、通学等が主でかたわらにパートタイマーやアルバイトとして仕事をしている者がある。ふだん全く仕事をしていない者及び仕事をしてもときたま臨時的にしかしない者は、無業者という。なお、国勢調査においては、調査期間中(調査年の9月24日から30日までの1週間)に少しでも仕事をした者を就業者(※)としており、ふだんの状態、つまり今後もその状態を続けるかどうかによって労働力状態をとらえようとする就業構造基本調査とは観点が異なる。

有業率

生産年齢人口(※)に占める有業者(※)の割合をいう。

有効求人倍率

有効求人数を有効求職者数で除したもので、有効求職者1人に対する有効求人数の比率をいう.。単に求人倍率ともいう。労働市場の需給状況を示す指標である。厚生労働省職業安定局の業務統計において、公共職業安定所の窓口で受け付けた月間の有効求人数と有効求職者数により、毎月計算されて発表されている。

お問い合わせ

情報推進課 統計係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎5F)

電話:0977-21-1254

Eメール:toukei@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る