文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

農地法第3・4・5条の申請及び届出

農地法の申請や届出をする場合は、原則として本人申請・届出となります。窓口にお越しになった方の本人確認を確認書類により行います。本人以外の方が申請書・届出書を提出される場合は、委任状が必要です。必ず事前に下記をご確認ください。

書類の名称等 PDF Excel 記入例
委任状 PDF Excel PDF

1.農地法第3条許可申請

農地を農地のままで所有権を移転したり、貸借したりする場合には一定の要件を満たし、農業委員会の許可を受ける必要があります。

その要件の一つに下限面積要件があります。それは、許可後の農地面積が一定以上にならないと許可できないとするもので、別府市の場合、下限面積は原則4反(4,000㎡)です。例えば、親から相続して耕作している農地が3反(3,000㎡)ある人が新しく農地を買いたい又は借りたいと考えた場合、下限面積4反(4,000㎡)から今既に取得し、耕作している農地面積3反(3,000㎡)を引いた面積である1反(1,000㎡)以上の農地を買う又は借りる必要があります。

書類の名称等 PDF Excel 記入例
農地法第3条許可申請書 PDF Excel PDF
別紙1 PDF Excel PDF
別紙2 PDF Excel PDF
農地所有適格法人の要件に係る事項 PDF Excel PDF
誓約書(農地法第3条) PDF Excel PDF
営農計画書 PDF Excel PDF
水利権者同意書(農地法第3条) PDF Excel PDF

2.農地法第3条の3の規定による届出

農地を相続、法人の合併・分割、時効取得等により許可を受けることなく農地の権利を取得した場合、登記完了後、農業委員会への届出が必要です。

書類の名称等 PDF Excel 記入例
農地法第3条の3の規定による届出書 PDF Excel PDF
別紙1 PDF Excel PDF
別紙2 PDF Excel PDF

3.農地法第4条・5条転用許可申請

農地を農地以外のものにすることを農地転用といいます。市街化区域以外の農地を転用する場合は農業委員会の許可を受ける必要があります。また、転用する農地の面積が2haを超える場合は県知事の許可を受ける必要があります。

第4条と第5条の違い

書類の名称等 PDF Excel 記入例
農地法第4条許可申請書(2ha以内) PDF Excel PDF
農地法第4条許可申請書(2ha超) PDF Excel PDF
農地法第5条許可申請書(2ha以内) PDF Excel PDF
農地法第5条許可申請書(2ha超) PDF Excel PDF
別紙1 PDF Excel PDF
別紙2 PDF Excel PDF
事業計画書 PDF Excel PDF
誓約書(農地法第4・5条) PDF Excel PDF
資金計画書 PDF Excel PDF
水利権者同意書(農地法第4・5条) PDF Excel PDF
隣接地所有者同意書 PDF Excel PDF

4.農地法第4条・5条転用届

農地を農地以外のものにすることを農地転用といいます。市街化区域の農地を転用する場合は農業委員会への届出が必要です。

第4条と第5条の違い

書類の名称等 PDF Excel 記入例
農地法第4条農地転用届出書 PDF Excel PDF
農地法第5条農地転用届出書 PDF Excel PDF
別紙1 PDF Excel PDF
別紙2 PDF Excel PDF

お問い合わせ

農業委員会事務局 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎4F)

電話:0977-21-1178

Eメール:sec-agc@city.beppu.lg.jp

別府市ホームページの使い勝手はいかがですか?
情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る