文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

別府市立保育所の給食

食に関するトピックス
今月の季節のメニューに関すること等、ちょっとためになるお話
おすすめメニューのご紹介
毎月更新!子どもたちの大好きなメニューをレシピ付きでご紹介!!
給食の献立予定表

食育だより 5月号

入園・進級から1カ月たち、笑顔いっぱいの毎日を過ごし、園での生活にもそろそろ慣れてきた様子の子どもたちですが、この時期は突然体調を崩してしまう子どももいます。十分な睡眠をとって、心と体を休ませてあげてください。

また、手洗い・うがいをしっかりさせてあげてください。

今年度も保育所給食では、旬の食材を用いた献立や栄養バランスのとれた給食づくりを行っていきます。

子どもたちがたくさん食に触れあう機会を作れたらと思います。

今月の行事 こどもの日

こどもの日は端午の節句の日でもあります。

こどもたちみんなが元気に育ち、大きくなったことをお祝いする日です。

もともと5月5日は「端午の節句」で男の子の健やかな成長や幸せを祈ってお祝いをする日でした。

1948年に5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する「お休みの日」と決められてから、端午の節句の日がこどもの日になったそうです。

端午とは月の初めの午の日という意味でしたが、だんだん5月5日をさすようになりました。邪気や悪鬼を祓う薬草といわれる「菖蒲(しょうぶ)」をお風呂に入れて入る習慣があるのは、「尚武(武を重んじる) =勝負」という言葉にも通じることからです。また男の子がたくましく育つようにという願いを込めて、武者人形や兜(かぶと)、鎧(よろい)を飾る風習が生まれていったと言われています。

「柏餅」に使う柏の葉は、新芽が出ないうちは古い葉が落ちないことから、家系が絶えない縁起の良いものとされてきました。端午の節句には欠かせない、柏餅を食べながら子どもたちの健やかな育ちを願います。

おはなし ぎょうじのえほん 子どもの未来社

過去の記事 食に関するトピックス

お問い合わせ

子育て支援課 鶴見保育所 
施設詳細

〒874-0838 別府市荘園6組-5

電話:0977-24-7588

Eメール:tsurumihoiku@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る