文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

BEPPU* Local Paragraphs

ロゴ画像

別府市は、株式会社ビームス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:設楽洋)のプロデュースによる新プロジェクト「BEPPU* Local Paragraphs」を立ち上げました。

別府市とビームスは、“あたらしいみやげもの”の開発を掲げた「BEAMS EYE on BEPPU」などを通して、別府の魅力を2016年から全国に発信してきましたが、「BEPPU* Local Paragraphs」では、コロナ禍における地域の方々の生活や経済活動、学びにフォーカスし、別府のカルチャーとその未来について考えました。

これまで別府市とセレクトショップ「ビームス」は「BEAMS EYE on BEPPU」を通して永く愛されるおみやげものの開発や、まちの活性化の鍵を握る様々な事業者やサービスにまつわる情報発信を行い、別府の多彩な魅力を探ってきました。

BEPPU* Local Paragraphs 2021

「BEPPU* Local Paragraphs 2021」では、昨年扱われたテーマを引き継ぎつつ、近年急成長を遂げるポッドキャストに代表される音声メディアに着目します。

別府市内の大学に通う学生の中からプロジェクトメンバーを募集し、ゲスト編集者とともに各制作チームを編成します。

BEPPU* Local Paragraphs 2020

2020年はCOVID-19の広まりによる世界的な危機を受け、別府市とビームスは、日本有数の観光都市・別府の課題と価値を探索するプロジェクト「BEPPU* Local Paragraphs 2020」を立ち上げました。

別府に暮らす人々の生活や経済活動、学びのありようを知る。

他地域と対照することで、ユニークな別府の価値を発見する。

オンライン中心の制作プロセスをゼロからデザインしながら、そうしたリサーチの成果を学生たちとともにタブロイド誌にまとめあげました。

ゲスト編集者

川田洋平(かわだ・ようへい)

大学卒業後に編集プロダクションに入社.2013年にハイパーローカルな東京23区シティカルチャーガイド『TOmagazine』を立ち上げ、以降6号目まで編集長を務める。2015年に独立し、書籍や広告等の編集ディレクションを中心に手がける。主なディレクションワークに星野源『YELLOW MAGAZINE』、博報堂「恋する芸術と科学」ラボ発行『jozo 2050』、蜷川実花監修パラスポーツグラフィックマガジン『GO Journal』、カルチャー雑誌『STUDIO VOICE』(INFASパブリケーションズ)など。

桜井祐 (さくらい・ゆう)

TISSUE Inc. 共同設立者/編集者。大学院修了後、出版社などを経て、2017年クリエイティブディレクションを中心に行うTISSUE Inc. / 出版レーベルTISSUE PAPERSを設立。主な仕事にエイベックス「majotae」エディトリアルディレクション、世田谷文学館「植草甚一スクラップ・ブック展」展示ディレクション、資生堂『花椿(Web版・雑誌版)』編集アドバイザリー、長崎市「長崎アートプロジェクト」キュレーションなど。大阪芸術大学非常勤講師。

瀬下翔太(せしも・しょうた)

編集者・ディレクター

1991年、埼玉県生まれ。編集者、ディレクター。NPO法人bootopia代表理事。慶應義塾大学環境情報学部卒業。2012年より批評とメディアの運動体「Rhetorica」の企画・編集を行う。2015年に島根県鹿足郡津和野町へ拠点を移し、2021年春まで高校生向け下宿を運営。共編著に『新世代エディターズファイル 越境する編集──デジタルからコミュニティ、行政まで』(ビー・エヌ・エヌ、2021年)

お問い合わせ

秘書広報課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎2F)

電話:0977-21-1123

Eメール:sec-ma@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る