検索結果が0件です。
別の検索キーワードで検索してみてください。

在宅医療廃棄物の処理方法

在宅医療とは

家庭など、医療機関以外の場所で医療処置を行うこと。

在宅医療廃棄物とは

在宅医療に伴って発生する廃棄物(ごみ)のこと。

在宅医療廃棄物の発生状況

在宅医療廃棄物の発生状況としては、

【発生状況.1】
医師、看護師等が自宅等を訪問し、医療処置を行って発生するもの
【発生状況.2】
医師の指導管理に基づき、患者等が自ら医療処置を行って発生するもの

上記の2パターンが考えられる。

在宅医療廃棄物の種類と処理方法

在宅医療廃棄物の種類は、

【種類A】
血液が付着し、感染等の危険性がある鋭利なもの
【種類B】
感染等への留意を必要としない非鋭利なもの

上記の2種類に分かれる。

A.鋭利なもの(例)

■ 注射針
■ 点滴用注射針
■ 血糖値測定器用穿刺針
■ ペン型インスリン注入器用注射針

廃棄時(必ず針ケースを装着

【発生状況.1】

医師等の医療処置によって発生したもの

医師等が持ち帰って処分する

【発生状況.2】

患者等が自ら医療処置を行い発生したもの

丈夫な袋や容器等に入れて、
「(社)別府市薬剤師会」に加盟している薬局に持ち込む
別府薬剤師会 加盟薬局はこちらから検索

B.非鋭利なもの(例)

■ 注射筒、注入器(針が装着できないもの)
■ 輸液バッグ、CAPDバッグ、チューブ、カテーテル など
■ 注射針を外した、ペン型注射器の筒や詰め替え用のカートリッジ

「もやすごみ」の収集日に、指定ごみ袋に入れて排出する


TOPへ戻る