• ホーム
  • 3つのRでごみ減量
  • ごみについて考えてみよう

検索結果が0件です。
別の検索キーワードで検索してみてください。

ごみについて考えてみよう

別府市のごみの量(一般廃棄物)  【平成19年度】

  もやすごみ もやさないごみ 合計
市が収集したごみ 25,088 2,275 27,363
処分場に直接持ちこまれたごみ 24,654 1,944 26,598
合計 49,742 4,219 53,961

(単位:トン)

別府市の人口は、121,755人。(平成19年度3月末現在)

1日平均148トンのごみが発生し、私たち別府市民は、1人1日あたり1,173gのごみを出しています。

ちなみに、全国平均は1,131g[平成17年度]です。

分別収集された別府市の資源の量  【平成19年度】

缶・びん・ペットボトル 古紙・古布 合計
1,017 4,011 5,028

(単位:トン)

ごみの処理やリサイクルにはたくさんのお金・人手・エネルギーを必要とします。 そして、このままごみが増え続ければ・・・

1.ごみを埋立てる場所がなくなり、行き場がなくなってしまいます!

2.ごみを正しく処理しきれなくなると、空気や水が汚れ地球の環境が悪くなります!

3.地球環境が悪くなれば、そこで暮らしている私たちや生物にも悪い影響を与えます!

「まず最初に考えて欲しいのが、ごみになるものを減らす(REDUCE)ということ。 買い物では長く使えるものを選ぶ、ごはんを残さずに食べるとか他にもいろいろありますよね。 」
「そして再利用(REUSE)も、ごみを減らすいい方法です。いらなくなったらすぐに捨てちゃうんじゃなくて別の利用方法を考えてみよう。また自分はいらなくても他の誰かは使ってくれるかも!」
「REDUCE!REUSE!そしてRECYCLE(再生利用)!リサイクルには正しい分別がとっても大切です!貴重な資源、きちんと分けようね。」

TOPへ戻る