ホーム >> 別府竹細工の歴史

別府竹細工の歴史

 別府竹細工の起源について、「日本書紀」の記述によると、人皇12代景行天皇が九州熊そ征伐の帰りに別府に立ち寄った際、お供の膳伴(台所方)が、良質のシノダケが多いことを発見し、メゴ(茶碗籠)をつくったことがはじまりとされています。

 

 本格的に工芸品として扱われるようになったのは室町時代からだとされ、行商用の籠が販売のために生産されるようになり、竹細工の市場が整備されていきました。

 

 江戸時代に入ると、日本一の温泉地別府の名が全国に広がり、各地から別府へ湯治客が集まるようになりました。そして湯治客が滞在中に使用する飯籠、米あげ笊(ざる)といった竹製の生活用品が売られるようになりました。
 竹製品は湯治客の土産品としても好評で、需要の増加と共に竹細工市場は拡大し、別府に地場産業として定着していきました。

飯籠

 

 明治に入り、別府竹細工は土産品の域を越え、高度な技術を集約した工芸品へと発展していきました。
 明治35年には竹工芸近代化のための技術者育成を目的とした、別府工業徒弟学校(現 大分県立大分工業高校の前身)が別府、浜脇両町により創立されました。徒弟学校には、将来性を見込んで全国から多くの竹職人が集まり、今日の優れた製造技術の蓄積、発展の礎を築いていきました。

 

 

 昭和13年には大分県工業試験場別府工芸指導所(現 大分県立竹工芸訓練センターの前身)が大分県により設立されました。そして今日においても、日本で唯一の竹工芸の専門訓練校として、多くの技術者を輩出し続けています。

 

 昭和25年には、竹細工の更なる技術発展を図るため、別府市により別府市工芸研究所(現 別府市竹細工伝統産業会館の前身)が設立されました。竹細工の試作研究の他、生産者への技術指導を行いました。

 

 順調に発展を続けてきた別府竹細工ですが、昭和30年代に入り安価なプラスチック製品の登場により、大きな打撃を被りました。

盛籠

 

 しかし、それまでに蓄積された高度な技術と、市場の変化に対応する活力を持った別府竹細工は、高級竹製品へと転換を図り、日用生活品とは一線を画していきました。

 

 その結果、大衆工芸とは別の美術工芸という高い次元の道が開拓されました。技術的な昇華のみならず、造形性を高めた竹工芸作家が多く輩出されるようになり、その極めとして、昭和42年には別府市の生野祥雲斎が竹工芸では初めて人間国宝に指定されました。

 

 昭和54年には、別府竹細工は通産省(現 経済産業省)から「伝統的工芸品」の指定を受けました。産地別府では、竹資源の有効活用や伝統技術の保護・育成事業に取り組みつつ、竹工芸の歴史を刻み続けています。

©別府市竹細工伝統産業会館 〒874-0836 別府市東荘園8丁目3組 電話:0977-23-1072