文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

令和6年度からの高齢者肺炎球菌ワクチン

2024年6月3日更新

令和6年度からの高齢者肺炎球菌ワクチンのお知らせ

令和6年4月1日から対象者が、下記のとおり変わります。

令和6年度からの対象者 65歳の方(66歳の誕生日前日まで)

  • 令和5年度中に案内していた定期接種の期間は「令和6年3月31日まで」でしたが、「66歳の誕生日前日まで」に変更になります。
  • 予防接種法の規定により、これまでに過去に肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を1回でも受けたことがある方は定期接種の対象外です。
  • 助成の対象になるのは、一生に一度です。
  • 現在65歳で接種を希望される方は、66歳の誕生日の前日までに忘れずに接種を受けてください。それ以降に接種をされる場合は、全額自費となります。

肺炎球菌ワクチン予防接種とは

高齢者の肺炎のなかで、最も多い「肺炎球菌」という細菌の感染を予防するワクチンです。接種により、肺炎球菌による肺炎の8割に効果があるといわれており、重症化予防などの効果に期待できます。

令和6年度からの接種助成対象者

65歳の方(66歳の誕生日前日まで)

接種費用

別府市の費用助成により、3,000円で接種ができます。

次のいずれかの方は無料で接種ができます。それぞれの証明書を医療機関へお持ちください。

  1. 生活保護世帯の方・・・診療依頼証
  2. 住民票の世帯員すべての人に市県民税がかかっていない世帯の方・・・市民税課・各出張所で発行した「税額証明書」
    ※令和6年7月以降の接種については、令和6年度分の税額証明書を医療機関へ提出
    (証明書料は別府市で発行する場合のみ無料。「代理人が請求する場合」「郵送で請求する場合」)
    または「後期高齢者限度額適用・標準負担額減額認定証」、「介護保険負担限度額認定証」
    ※証明書は接種日当日に医療機関にお持ちください。
注意
助成対象にあたる方でも、証明書がないまま接種をした場合、助成を受けられないことがあります。必ず接種前にご準備ください。

持ち物

助成期間

66歳の誕生日の前日まで

助成回数

1回(一生に一回)

接種場所

関連リンク

お問い合わせ

健康推進課 感染症対策係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎GF)

電話:0977-21-2188

Eメール:hpd-hw@city.beppu.lg.jp

別府市ホームページの使い勝手はいかがですか?
情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る