文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

市長からのメッセージ

市民の皆様、観光客の皆様へのお願い2021年1月22日追加

別府市新型コロナウイルス感染症対策本部

本部長 長野 恭紘

昨日1月21日、大分県内の新規感染者数は、1日当たり過去最多の33名となりました。全国的に新規感染者数は高い水準で推移している中、今後、急速なまん延が危惧されるところであります。

本市においては、昨年末以降、新たな感染者は低く抑えられていましたが、新別府病院において一昨日と昨日で他自治体在住者での発表となった方々を含め10名の新規感染者が確認され、本市3例目となるクラスター(集団感染)が発生いたしました。

新別府病院は、大分県災害拠点病院の一つとして、県内東部地域における災害医療の中心的な役割を担い、院内では徹底した感染防止対策に取り組まれていたところでありますが、対策を徹底している病院においても、クラスターが発生する現状を目の当たりにしますと、いつ、どこで、誰が感染してもおかしくない状況にあると強い危機感を持っております。

今回の院内での感染を受け、現在、病院では保健所と連携を取りながら対応に当たっており、1日も早い終息に向け全力で取り組んでいます。

医療現場の最前線で、感染のリスクと向き合いながら、市民の安全安心を守るために新型コロナウイルスと闘われている医療関係者の皆様に対しまして、改めて深い敬意と感謝を申し上げます。

クラスターの発生は、市域での急激な感染拡大を引き起こす要因の一つと考えられていますが、施設内でのクラスターは、感染経路や濃厚接触者が限定され、実効性の高い感染拡大防止策を速やかに講じることが可能なため、直ちに市中での感染が拡大するものではありません。

しかしながら、予断を許さない状況に変わりはなく、気が緩めばいつ感染が拡大してもおかしくありません。感染をこれ以上拡大させないためには、何よりも一人ひとりの正しい認識と意識ある行動が不可欠です。

皆さまには、引き続き、以下の取り組みをお願いいたします。

  1. 緊急事態宣言の対象地域(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、愛知県、岐阜県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県)への不要不急の往来は自粛願います。また、対象外であっても感染が拡大している地域については、往来の必要性を慎重に判断してください。
  2. 全国的に飲酒の有無や、昼夜にかかわらず、会食や飲食での感染が拡大しています。
    家庭での食事においても、「少人数」「短時間」「会話時のマスク着用」「大声を出さない」「斜め向かいに座る」「密集・密接の回避」など工夫して、家庭内でも感染予防対策をお願いします。
  3. 外食する場合は、別府市独自の感染防止対策(鬼対策基準)をクリアしている店舗をはじめ感染拡大予防ガイドラインをしっかりと守っている飲食店を利用してください。
  4. 特に60代以上の方々、または基礎疾患をお持ちの方々は、引続き、「人との距離をとる」「人混みを避ける」「滞在時間を短くする」などを意識して、感染予防対策を徹底願います。
  5. 体調がすぐれない場合は感染を疑い、学校や仕事を休み、早めにかかりつけ医か県の受診相談センターに相談してください。

誰でも感染する可能性があることを受けとめて、感染された方とそのご家族、治療にあたる医療関係者とそのご家族、県外ナンバーの車両を所有する方などに対し、不当な差別・偏見・いじめをしない人権を守る行動をお願いいたします。

そして、改めて最前線で闘われている医療関係者の皆様に対して、「感謝」と「励まし」の気持ちで応援していただきますようお願いいたします。

お問い合わせ

防災危機管理課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎2F)

電話:0977-21-2255

Eメール:crm-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る