文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

企業版ふるさと納税

2022年9月12日更新

別府市では、企業版ふるさと納税で別府市を支援くださる全国企業様のご賛同(ご寄付)をお待ちしております。

企業版ふるさと納税をご検討されている企業様につきましては、下記要綱をご確認の上、問い合わせ先まで電話、Eメール等でご連絡ください。

企業版ふるさと納税ポータルサイトふるさとコネクトでも寄付を受け付けております。

別府市の企業版ふるさと納税の申請様式

書類の名称等 PDF WORD
寄付申出書(様式第1号) PDF Word
受領証(様式第2号) PDF Word
事業費確定通知書(様式第3号) PDF Word

書類の一括ダウンロード

募集中のプロジェクト

1.世界の国際温泉都市ベップ×新図書館プロジェクト

本プロジェクトの概要

大分県下第2位の人口を有する別府市は、世界的にも知られる温泉都市。別府湾に臨むまちには、多くの温泉地があり、源泉数、湧出量ともに日本一を誇ります。

別府市では 、過去に例のない図書館をつくるべく、次の4つのコンセプトを柱に「世界の国際温泉都市べっぷ×新図書館プロジェクト」を立ち上げました。

目標金額
50,000,000円
SDGs目標
SDGs画像
最低寄附金額
10万円
※寄附金額の上限は設けておりません。
募集期間
令和3年度~令和7年度
ベネフィット
ホームページ等で貴社名を掲載します。
  1. 一人ひとりのために
    学校や職場、世代、性別、国籍、障がいの有無にかかわらず、多様性と個性を尊重し、一人ひとりをつなげる図書館でありたい。
  2. 暮らしのよりどころへ
    地域の隠れた魅力を知る場所、暮らしを支える「サードプレイス」でありたい。
  3. 創造のよりどころへ
    個人やまちの歩みと新しい動きをつなぎ、まちの魅力創造や課題解決に貢献するプラットフォームでありたい。
  4. そして、未来へ
    多様な利用者や活動について、未来に向けてどうあるべきかを問い、実践する図書館でありたい。
写真

新図書館は、市役所に隣接する場所につくる予定です。図書館本来の知的好奇心を満たす場という役割に加え、訪れるすべての人に様々なサービスを提供できる多機能性をもたせ、まちの誇りとなる施設になることを目指します。

なぜ寄附を募るのか

寄付金は、「眼に見えるモノ」に使う予定です。

新しい図書館には、様々なジャンルの本を充実させます。

さらに“べっぷ”らしい特色として、温泉関連や別府の魅力を知ることができる観光関係の本を充実させます。また、観光情報についても、様々なかたちで案内できるよう準備する方針です。

写真

一方で、理想とする図書館をつくるためには、どうしても民間の資金援助が必要と考えています。そこでこのプロジェクトを「企業版ふるさと納税」の対象事業としました。

寄附金の具体的な使途については、準備段階では建物、書架、蔵書などの整備に充てたいと考えています。

施設オープン後は、“新しい図書館”であり続けるために新刊作などの随時購入はもちろん、デジタル化をはじめとする新しい時代の設備などに活用する予定です。

プロジェクトのポイント

当市が計画する図書館は、図書の閲覧、貸出と返却、研究・調査、学習といった従来通りの「知の拠点」だけにとどまりません。 市民や観光客の区別なく、誰もがともに語り合い「気付きを得る場所」、世界中の人と出会うことで「新たな刺激を受ける場所」、未来につながる「レベルアップの学びができる場所」であり続けたいと考えます。そして、楽しい会話から幸せを見つけ、すべての人をひきつけ、そこに行けば大切な発見や充実感、幸福感を与えてくれる、まさに別府温泉のような施設をイメージしています。 そんな懐が深い図書館を実現するためには、通常では行わないサービスを提供し、新たな来訪者を呼び込む仕組みをつくる必要があります。 そこで、閉館後の時間を活用して様々なサービスを提供したり、併設する施設に民間事業者の参画を予定しています。例えば、ゆっくり過ごせるカフェや、ママたちの語らいの場、学校帰りの子どもたちがおじいちゃんおばあちゃんと話をするスペースなどを想定しています。 誰もがふらりと立ち寄ることができ、心地よく過ごせる「サードプレイス」として、新しいランドマークをつくりたいと考えています。

写真

課題

従来の公共施設は、新設であってもオープン直後にピークを迎え、そのまま劣化の一途をたどるものが少なくありません。 しかし図書館は本来、日々新鮮な情報であふれ、いつ訪れても新しい発見があるべきでしょう。そのためには蔵書や収蔵品、情報において、常に最新のものを揃えることが重要です。 ただ、限られた財源で本などを継続して購入することは難しいと予想されます。そこで貴重な寄付を活用したいと考えています。 企業の皆様には、ご寄付に加えて、公共団体の立場とはまた違った視点から、情報やアイデアをご提供いただきたいと考えています。具体的には、いろいろな人が集まる仕かけやその時々のトレンド、若者のニーズなどについて、アドバイスや情報の提供を想定しています。 市役所に隣接する新図書館は、利用者や使い方に多様性をもたせた「私のパブリック空間」と考えます。今までにない空間を上手に活用できる仕組みについて、協力いただける企業を求めています。

メッセージ

図書館は「アイデアを育み、夢の実現を支える場」でありたいと考えています。 「本を読む・借りる」だけではなく、本から得た知識によって「なりたい自分を実現」するきっかけをつくり、「将来の自分をプロデュースする場」となるなど、すべての利用者の暮らしや人生の一助になれる施設にしたいと考えています。 同時に、温泉都市・別府に世界中から集まる多様な人材をはじめ、ビジネスや知識、資金、情報が相互に交わることで、まちの未来をつくり、イノベーションを起こす。 その拠点になりたいと考えています。 新図書館整備プロジェクトは、別府市が一丸となって推進する最重点事業です。 必ず実現させたいと考えております。皆様からの力強いご支援をお願いいたします。


募集終了のプロジェクト

2.別府の「みらい」を創造する事業創出支援プロジェクト

本プロジェクトの概要

別府市の強みの一つである「学生」を対象に、別府に新たな産業と雇用の創出を図るため、起業家の発掘、育成支援、チャレンジ精神の養成などの学びの場を提供します。さらに、実践の場として、豊かな発想と想像力を持つ学生と市内外事業者の交流を通じて、事業者が抱える課題解決を図るアイデアソンを行います。また、自らが考え、アクションを起こす場として「学生ビジネスプランコンテスト」を開催し、アイデアを具現化させ、事業が定着するよう関係者で継続的なサポートを行っていきます。

本業務の募集は終了いたしました。

目標金額
10,000,000円(目標達成)
SDGs目標
SDGs画像

 

写真

寄附実績(これまでにご寄付いただいた皆様)

企業版ふるさと納税により本市にご寄付いただきました企業様をご紹介いたします。

本市の地方創生事業を応援いただきまして、ありがとうございます。

(※)掲載のご了承をいただいた企業様のみ掲載しております。寄附年月の新しい順に掲載しております。

マーケットイン合同会社

寄附企業
マーケットイン合同会社
本社所在地
福岡県福岡市中央区天神2丁目3番10号
寄附年月日
令和4年4月18日
プロジェクト名
世界の国際温泉都市べっぷ × 新図書館プロジェクト

信金中央金庫

寄附企業
信金中央金庫 理事長 柴田 弘之様
本社所在地
東京都中央区八重洲1-3-7
寄附年月日
令和4年2月8日
プロジェクト名
別府の「みらい」を創造する事業創出支援プロジェクト

第一生命保険株式会社

寄附企業
第一生命保険株式会社 代表取締役社長 稲垣 精二 様
本社所在地
東京都千代田区有楽町1-13-1
寄附年月日
令和3年12月8日
プロジェクト名
世界の国際温泉都市べっぷ × 新図書館プロジェクト

株式会社アイモバイル

寄附企業
株式会社アイモバイル 代表取締役社長 野口 哲也 様
本社所在地
東京都渋谷区桜丘町22番14号N.E.SビルN棟2階
寄附年月日
令和3年7月21日
プロジェクト名
世界の国際温泉都市べっぷ × 新図書館プロジェクト

お問い合わせ

政策企画課 ふるさと創生係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎4F)

電話:0977-21-1122

Eメール:furusato@city.beppu.lg.jp

別府市ホームページの使い勝手はいかがですか?
情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る