文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

「バランスの良い食事」の考え方

みなさん、健康づくりの基本となるバランスの良い食事はできていますか?

下記を参考に、主食・主菜・副菜をそろえるとバランスがとりやすくなりますよ。

副菜

1日に食べてほしい量は350g!
握りこぶし5つ分です。

野菜・海藻・きのこ類などを使った料理。
体の調子を整えるビタミンやミネラルを多く含みます。
また、食物繊維も豊富なので便通を良くしたり余分なコレステロールを排出したりする作用があり、とても大切です。
肥満が気になる人はこれらから先に食べるようにすると、満腹感が出やすく食べ過ぎを予防できますし、血糖値の上昇も緩やかになります。
しっかり食べて、生活習慣病を予防しましょう。

主菜

1日の摂取カロリーの1/4を3食に分けて。
食材目安:80~120g程度/食

肉・魚・卵・大豆製品などを使った料理。
からだづくりの基となるたんぱく質を多く含み、主にエネルギー源になる脂質や、骨の成長に欠かせないカルシウムなども含みます。
1食に1品そろえることを基本に、加減してみましょう。
また、いつも肉類に偏っていてはバランスが悪くなりますので、魚や大豆製品も積極的に取り入れましょう。
これらは血液をサラサラにするお手伝いをします。

間食 食後

1日コップ1杯の牛乳と果物150g程度を。

果物や牛乳・乳製品。
ビタミン、ミネラル、たんぱく質など必要な栄養が補えます。毎日取り入れましょう。

主食

1食の目安量は、1日の摂取カロリーの 半分程度を3食に分けた分量。

飯・パン・麺などの炭水化物を多く含む食品。
体を動かすエネルギー源であり、また脳にとっても大切なエネルギー源です。
朝食を抜くと、頭も体も栄養不足になってしまいます。
いきいきと活動し過ごすには朝食を食べることが第1歩!生活習慣病予防の観点からも重要です。
ちなみに、チョコやクリーム、あんこなどの菓子パンは食事のパンではなくお菓子と考え、食べ過ぎに注意しましょう。

汁物

みそ汁のみそは水150mlに対して 8~10g程度を目安に。

みそ汁やスープ類。
野菜、いも、きのこ、海藻など多くの食材と相性が良いので、たくさん取り入れてバランスアップを目指しましょう。
汁物は野菜などの栄養が摂れるだけでなく、体を温め、水分の補給にもなります。
汁の塩分が気になる方は、薄味で味付けしたり、具だくさんにすることで口に入る汁の量を減らしたりと工夫してみてください。

温たま何をどう食べるか、食事はバランスが大事だよ。
バランスは1食ではなかなかとりづらいものだけど、1日あるいは2~3日単位でもいいので、バランスを整えてみてくださいね!

お問い合わせ

健康づくり推進課 

〒874-0931 別府市西野口町15番33号(別府市保健センター内)

電話:0977-21-1117

Eメール:hpd-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る