文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

熱中症予防

2024年7月22日更新

熱中症ってどんな状態?

熱中症は、自分のいる環境の温度が高温になり、湿度も高い状態の中に長時間いることで、体温調節機能が働かなくなり、からだに熱がこもった状態になることです。

この状態は、屋外で発生するとは限らず、室内が高温多湿な状態であれば、家の中でも起こります。

気づかないうちに症状が進み、救急搬送されるなど、場合によっては死亡に至ることもあり、油断できないものです。

熱中症の具体的な症状

【症状が進むと・・・】

熱中症を防ぎ、重症化しないために知っておきたいこと

熱中症の予防法

熱中症が疑われる人を見かけた時の対処(主な応急処置)

応急処置をしても症状が改善されない時は、すぐに医療機関を受診しましょう

自力で水が飲めない、応答があいまいな時は、ためらわずに119番通報

熱中症になりやすい人

熱中症予防一時休憩所の設置について

7月1日から9月30日までの間、県及び市町村の公共施設や、協力いただける薬局、商店、コンビニ等に熱中症一時休憩所を設置しています。

※熱中症一時休憩所とは①エアコンが入っている②座って休憩ができる③水分補給ができるという3つの要件を満たす、熱中症予防を目的とした休憩所の事です。

※開所されている一時休憩所については、青いのぼりまたはポスター(「熱中症一時休憩所」)を設置していますので、「ちょっと一休み」に是非ご活用ください。ただし、官公庁では節電対策のため、冷房が切れている時間や消灯している時間もありますのでご了承ください。

熱中症一時休憩所の設置に協力できる店舗や施設を募集

ご協力いただける店舗や施設がございましたら、熱中症一時休憩所登録申請(大分県 スマート申請)から申請ください。

申請いただいた店舗・施設に後日、大分県健康政策・感染症対策課から連絡があります。

別府市内の熱中症一時休憩所

関連リンク

【環境省】

熱中症予防チラシの画像

【厚生労働省】

【大塚製薬からの情報提供】

お問い合わせ

健康推進課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎GF)

電話:0977-21-2188

Eメール:hpd-hw@city.beppu.lg.jp

別府市ホームページの使い勝手はいかがですか?
情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る