文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

熱中症予防

熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

屋外だけでなく、室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

熱中症について、正しい知識を身に着け、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」が、5月4日(月)の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において、示されました。

一人ひとりが感染防止の3つの基本である、①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗いや「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。

今夏はこれまでと異なる生活環境で迎えることとなりますが、十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心がけるようにしましょう。

暑さを避けましょう

適宜マスクをはずしましょう

こまめに水分補給しましょう

日頃から健康管理をしましょう

暑さに備えた体づくりをしましょう

暑さの感じ方は、人によって異なります。
高齢者や子ども、障がい者は、特に注意が必要です。

熱中症が疑われる人を見かけたら

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

関連資料

令和2年度の熱中症予防行動(環境省・厚生労働省)

お問い合わせ

健康づくり推進課 

〒874-0931 別府市西野口町15番33号(別府市保健センター内)

電話:0977-21-1117

Eメール:hpd-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る