文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
  • 産業
  • 温泉
  • せーので測ろう!別府市全域温泉一斉調査

せーので測ろう!別府市全域温泉一斉調査

夏休み子供向け企画「温泉体験学習募集します!」

楽しく温泉を知ろう!

開催期間
8月22日(木)午前9時00分から12時30分
集合
別府市社会福祉会館(別府市上田の湯町15番40号)
講師
由佐悠紀(別府温泉地球博物館 館長)
山田 誠(龍谷大学)・ 温泉マイスター
対象
別府市内の小学5・6年生および保護者
参加費
無料
持ち物
帽子・水分補給のための水筒・動きやすい服装・筆記具など
内容
実際に温泉施設に行き、温泉の歴史や文化などを学びながら、温泉の温度などを測る体験をします。また、温泉成分を簡易分析し、泉質の違いなどを科学的に学びます。
共催
特定非営利法人 別府温泉地球博物館
申込方法
電話またはメールにて申込みをしてください。
締切:8月2日(金)
※メールでお申し込み頂く場合は、次の4項目をご記入ください。
  1. 生徒の氏名(ふりがな)
  2. 小学校名と学年
  3. 連絡先電話番号(固定電話または携帯電話)
  4. 保護者も参加する場合は、保護者の氏名
申込・
問合先
別府市観光戦略部温泉課
電話:0977-21-1129
Eメール:hsp-te@city.beppu.lg.jp

平成30年度調査概要

平成30年9月29日、別府の温泉資源の現状を市民参加のイベントとして実施する『せーので測ろう!別府市全域温泉一斉調査』を開催しました。

午前の部では、研究者、温泉マイスター、市民等約50名が参加し、12グループに分かれて市内全域を回り、温泉水のサンプル採取、温泉水の湯温測定調査を行いました。

午後の部では、pH,電気伝導度のほか、今回初の試みとして、参加者自らが午前中に採取した温泉水のサンプルを簡易分析(塩化物イオン、硫酸イオン、炭酸水素イオン)を行いました。

温泉の特徴的な泉質名は、陰イオンの種類によって決まることが多いことから陰イオンの簡易分析を行いました。

初めての試みでしたが、参加者の皆さんも、最初は慣れない手つきであったのが、慣れてくるにつれ、にぎやかに取り組んでいる姿が非常に印象的でした。

簡易分析終了後、龍谷大学の山田先生による調査結果の速報が行われ、今年も全体的に大きな変化は見られませんでしたが、今後も継続的に調査を行うことにより経年変化の有無等を確認していくことが大切であるとの報告がありました。

写真

現地調査前の班別レクチャー

写真

北浜温泉でのサンプル採取

写真

温泉水の簡易分析

写真

山田先生による調査結果の報告

調査結果

平成30年度実施分の『せーので測ろう!別府市全域温泉一斉調査』の結果がWebサイトで公開されましたのでお知らせします。

『別府市全域 温泉一斉調査マップ』
http://www.wefn.net/beppu/

掲載担当

温泉課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎4F)

電話:0977-21-1129

Eメール:hsp-te@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る