文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

大分県立竹工芸訓練センター

竹工芸訓練センターは「職業能力開発促進法」に基づき、大分県が設置した「職業能力開発校」です。

大分県には、国から伝統的工芸品として指定された「別府竹細工」があります。

県では、この竹工芸産業の後継者を育成するために、「竹工芸科」を設置し、2年間の職業訓練を実施しています。

竹工芸科

概要

訓練期間
2年
訓練内容
1年生:竹工芸の基礎的な知識と技能を学びます。
【学科】竹材について、刃物について、工芸史、デザインなど
【実技】基本課題の作成(第1課題~第8課題)
2年生:竹工芸の応用実習とテーマ毎の商品開発。起業に必要な知識を学びます。
【学科】起業の始め方、会計経理、マーケティング、商品開発手法
【実技】テーマに沿ったオリジナル作品の制作(7課題)
訓練時間
月曜日から金曜日の午前8時30分~午後4時(土曜日、日曜日、祝祭日を除く)
必要経費
入学金、授業料は無料です。但し、入校経費(約5万円)が必要です。

その他(訓練対象者、募集日程など)

その他、詳しい内容については、竹工芸訓練センターのホームページをご覧ください。

問合先

大分県立竹工芸訓練センター

別府市東荘園3丁目3組

電話:0977-23-3609

FAX:0977-26-5969

HP:http://www.pref.oita.jp/site/280/

掲載担当

産業政策課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎4F)

電話:0977-21-1132

Eメール:cin-te@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る