文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

市長メッセージ「創」令和2年11月号第55回 来年度の予算はどうなるか

内成棚田の写真

朝夕は肌寒さを通り越して冬の香りがしてきました。私はこの秋から冬にかけての『香り』が大好きです。

さて、市役所ではいよいよ来年度予算の編成方針を示す時期となりました。

正直コロナ禍で、来年どころか今年度残りの予算の執行がどうなるか心配している状況です。

ここ数年は市税が好調で、それに支えられて基金(貯金)の取り崩しも事業もほぼ予定通り行われてきましたが、ここから先はなかなかその様にはいきません。コロナで失った税収分のマイナスを、いかに市民生活に影響のないものとするか。来年度予算はそこに十分配慮したものにしなければなりません。

当然ですが徹底して無駄を省き、今一度ゼロベースで全ての事業の精査をする必要があるでしょう。あれやこれやと事業を続けるより、何がしたいのか、何をすべきかに集中して市民生活の安定を図るべきだと思います。

政治が本当に助けが必要な人のための希望となるよう、きめ細やかに、そして一律に全ての予算を削るのではなく、選択と集中でダイナミックで躍動感のある来年度予算編成に努めてまいります。

お問い合わせ

秘書広報課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎2F)

電話:0977-21-1123

Eメール:sec-ma@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る