文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

市長メッセージ「創」平成30年8月号第29回 健康寿命とお風呂の関係

「ひとまもり・まちまもり懇談会」で話をする長野市長の写真

暑い夏が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。私は昨年からスタートした「ひとまもり・まちまもり懇談会」を今年は老人クラブ連合会さんと協力して市内各所で開催しています。テーマはズバリ「健康寿命の延伸」です。夏季は特に、熱中症対策についてもお話ししています。以前このコーナーでも「健活」「健幸(けんこう)」についてお話ししましたが、別府市民の健康寿命は県内18市町村中…男性16位、女性15位!なんと不名誉な記録。これだけ豊かな自然、美味(おい)しい食、日本一の温泉がありながら、これはいけません。特徴的な理由として考えられるのは、特定健診の受診率の低さ、慢性腎臓病の罹患(りかん)の多さなどでしょう。

そしてもう一つ気になるのが…お風呂の温度の高さ。冬にはヒートショックで亡くなる方も残念ながらいらっしゃいます。よく市営温泉や共同温泉に観光客が来て、あまりの熱さに足を入れただけで帰った、という様な話も聞きます。実は最近、市営温泉の温度も、熱くなり過ぎないよう調整しています。やはり適温は38度〜40度です。物足りない!と思われるでしょうが、ご自身の健康のため、ぜひお風呂の温度は適温で!

健康寿命の延伸は、ご自身と家族、地域の幸せのためです。これからも懇談会は市内各所で開催します。ご希望があれば、保健師さんたちと一緒に伺いますので、ぜひ自治振興課にお問い合わせください。

お問い合わせ

秘書広報課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎2F)

電話:0977-21-1123

Eメール:sec-ma@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る