文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

子育てに関するQ&A

支援センターの利用に関する質問

Q1
食事やおやつを食べることが出来ますか?
A1
現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため食べることが出来ません。水分補給は出来ます。
Q2
支援センターは子どもだけでも遊べますか?
A2
子どもだけでは遊べません。0歳から就学前のお子さんは保護者と一緒にご利用ください。

育児についての質問

Q1
夜泣きがひどいのですが大丈夫ですか?
A1
夜泣きに付き合う大人はたいへんつらいですよね。
生後7~8カ月は夜泣きのピークと言われています。原因ははっきりとは解明されていませんが、脳の発達と共になくなっていきます。
個人差はあります。いずれはよく眠るようになるとわかっていても困っているのは今ですよね。今、なんとか寝て欲しいですね。
試して欲しい事は、まず部屋は暗くしてください。光は、睡眠・覚醒のリズムを乱れさせます。
泣いたらすぐ授乳、すぐ抱っこなどはしないでしばらく様子をみてください。泣いていても目を閉じていることが多く、放っておくとそのまま泣き止んで眠ることがあります。
また、離乳食を始めていれば、断乳することでよく眠ることもあります。
支援センターを利用する保護者の方からは、「もう寝なくてもいい!とことんつきあおう!」とあきらめたら寝るようになったという話をよく聞きます。
夜泣きをしていても子どもはしっかり睡眠がとれていることが多いので、付き合う大人が睡眠不足にならないように、昼間などで何とか睡眠時間を確保してくださいね。
Q2
離乳食を急に食べなくなったのですがまた食べるようになりますか?
A2
2歳までは食べたり食べなくなったりと食べムラがあります。食べなくても体重や身長が増加していれば、食べている量は足りていると考えます。
食べない時期は、食べなくても食べて欲しい料理は食卓に出してて下さい。ある日突然食べなかったものを食べる時がきます。
食べないからといってお菓子をたくさんあげたり、空腹の時間がないままチョコチョコあげることはしない方がよいです。また、「あともう一口」は子どもにとってストレスです。
大人は、食事をする時に「おいしいね」と楽しそうに食べる姿を子どもに見せてあげてくださいね。
離乳食を食べてくれないことは大人にとってストレスになりかねません。
食べない時もあるんだと知っておくだけでもストレスが減ると思いますよ。
食事の時間で一番重要なことは、楽しい時間にするということです。

お問い合わせ

子育て支援課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎1F)

電話:0977-21-1427

Eメール:fas-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る