文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

お酒の適量ご存知ですか?

厚生労働省による「健康日本21」では“節度ある適度な飲酒”が奨められています。健康や死亡率などをふまえた適度な飲酒とは1日平均純アルコールで約20g程度とされています。

適度な飲酒の目安量

適度な飲酒の目安量

「節度ある適度な飲酒」注意事項

「節度ある適度な飲酒」として、次のことに注意しましょう。

  1. 女性は男性よりも飲む量を少なくする
  2. 少量の飲酒で顔が赤くなる等アルコール代謝能力の低い人は飲む量を少なくする
  3. 65歳以上の高齢者は飲む量を少なくする
  4. アルコール依存症者は飲酒をしない
  5. 飲酒習慣のない人に対してこの量の飲酒を推奨するものではない

お酒にはエネルギーはありますが、体に必要な栄養素はほとんど含まれていません。おつまみには高脂肪・高塩分のものは避け、栄養バランスと食事量を考えながら適度な飲酒を守りましょう。そして健康障害のリスクを低くするため1週間に2日は肝臓を休める“休肝日”をつくることも大切です。

また、法律で禁止されていても飲酒する未成年者がいるのが現状であり、飲むきっかけは家庭環境にあったという場合が多いようです。親は子へ飲酒を勧めてはいけませんし、飲んでいるところを見かけたら制止する義務があります。脳や臓器がまだ発達途中の未熟な未成年者にとって、アルコールは健康障害を引き起こす危険が高くなるだけでなく、精神面や社会性への悪影響もでてきます。大切な子どもをアルコールから守りましょう。

お問い合わせ

健康づくり推進課 

〒874-0931 別府市西野口町15番33号(別府市保健センター内)

電話:0977-21-1117

Eメール:hpd-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る