文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

個人市県民税の特別徴収に関するQ&A

Q1
従業員であれば、特別徴収はみんなできるんですか?
A1
従業員であっても、特別徴収ができない場合があります。
  • 他から支給される給与から個人市県民税が特別徴収されている場合
  • 退職等により翌年の給与からの特別徴収が不可能な場合
  • 毎月の給与の支給額が少なく、個人市県民税を特別徴収しきれない場合
  • 給与が毎月支給されない場合

以上のときは、特別徴収をすることができません。

Q2
年の途中で退職者や就職者があった場合は、どうすればよいのですか?
A2
従業員が退職された場合
「給与支払報告・特別徴収に係る給与所得者異動届出書」に記入し、異動の発生した日の翌月10日までに提出してください。
従業員を採用された場合

年の途中で就職し、その年度分の個人市県民税のうち未納税額(納期未到来分)がある場合、給与からの特別徴収に変更することができます。その場合は、「特別徴収への変更届出書」にご記入ください。

また、公的年金等を受給されている方については、給与からの特別徴収ができないことがあります。

届出書は特別徴収関係書綴又はこちらのホームページにあります。
特別徴収関係書綴は、特別徴収税額の決定通知と一緒に送付します。
Q3
新たに特別徴収により納税するにはどうすればよいですか?
A3
給与支払報告書の総括表に「特別徴収希望」と記入していただくか、報告人員欄に特別徴収する該当人数を記入して別府市に提出してください。

お問い合わせ

市民税課 特別徴収係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎GF)

電話:0977-21-1119

Eメール:tax-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る