文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

市県民税の徴収方法

市民税・県民税の徴収には、次の3種類の方法があります。

(1)普通徴収

事業所得者などの市県民税(住民税)は、納税通知書によって市役所から納税者に通知され、その納税通知書(納付書)により通常年4回(6、8、10、翌年1月)に分けて納めていただくようになっています。これを普通徴収といいます。

(2)給与からの特別徴収

給与所得者の市県民税(住民税)は、特別徴収税額通知書により、市役所から給与の支払者(勤務先:特別徴収義務者といいます)を通じて納税者に通知され、給与の支払者が毎月の給与の支払の際にその人の給与から税金を引落して、これを翌月の10日までに市役所に納めていただくようになっています。これを特別徴収といいます。なお、この特別徴収は6月から翌年5月までの12ヶ月で徴収することとなっています。

(3)年金からの特別徴収

平成21年10月支給分の公的年金から、日本年金機構などが年金から市県民税(住民税)を引落し、市に直接納める特別徴収制度が始まりました。公的年金に係る所得に対する市県民税(住民税)のみが対象となります。

詳しくはこちら

お問い合わせ

市民税課 普通徴収係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎GF)

電話:0977-21-1119

Eメール:tax-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る