文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
市政

悩んでいるあなたへ

まずは専門機関に相談をしてみませんか?

夫(妻)の暴力を「私が悪いから仕方がない」と思っていませんか?「自分が我慢をすればいいんだ」と思っていませんか?

たとえ夫婦間であっても暴力は決して許されるものではありません。長い期間、暴力をふるわれると、自分を責める気持ちが強くなったり、相手に怒りを感じる気力すらなくなってしまったりすることがあります。

DVは、あなたに原因があって起こる「恥ずかしいこと」や「我慢すればすむこと」ではなく、もちろん、暴力を受けるあなたに非はありません。

しかし、残念ながら、夫(妻)は家庭の内と外でまったく異なった態度を取っていることが少なくありません。ですから、身近な人に相談してもあなたの話を理解してくれないことがあります。そんなときは、DVに理解のある相談窓口・専門機関に相談しましょう。

被害者が暴力を受けないためには、加害者のもとを離れるという選択肢があります。このとき、「どんなタイミングで家を出るのか」「家を出たあとはどうするか」「子どもの学校はどうするか」など現実的な問題が生じてきます。

事前に相談窓口・専門機関からアドバイスを受けることは、あなたの安全のために必要なのです。

お問い合わせ

自治振興課 男女共同参画推進室

〒874-0903 別府市大字別府字野口原3030番地1

電話:0977-21-8289

Eメール:aup-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る