文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

【住民税】市県民税の申告をされる皆さまへ
マイナンバー記載について

平成29年度申告からマイナンバー(個人番号)の記載が義務づけられます。

平成29年度(平成28年分)の申告からマイナンバー(個人番号)の記載が必要になります。

申告では、他人のなりすましを防ぐために番号確認と本人確認を行います。

①または②のいずれかの証明書類を必ずお持ちください。

①マイナンバーの【個人番号カード】

個人番号カード

  • ご本人が郵送等で交付申請を行い、市民課で交付されます。
  • マイナンバー、氏名、住所、生年月日、性別が記載されています。
  • 写真付きなので、一枚でマイナンバー及びご本人確認ができる証明書類となります。

または

②マイナンバーの【通知カード】と【ご本人と確認できる書類】

通知カード

  • 平成27年10月以降、郵送で通知されています。
  • マイナンバー、氏名、住所、生年月日、性別が記載されています。
  • 【通知カード】はマイナンバーの確認はできますが、ご本人であることの確認はできません。
    ※本人確認は、運転免許証等のご本人と確認できる書類で行います。

ご本人と確認できる書類

  • 運転免許証、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、健康保険証、在留カード、その他官公署及び公的機関が発行・通知した書類等のことです。

代理人による申告書の提出

代理人による提出には、代理人の本人確認書類と申告者(申請者)本人の番号確認書類及び委任状が必要です。住民票が同世帯の場合、委任状は不要です。

お問い合わせ

市民税課 普通徴収係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎GF)

電話:0977-21-1119

Eメール:tax-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る