文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

出生届、死亡届、婚姻届、離婚届等

出生届

届出の時期

お子様が生まれた日から14日以内に届出をしてください。(出生の日を1日目として算入します。)

届出に必要なもの

届出人

原則として、生まれたお子様のお父さんかお母さんのどちらか。
使いの方の場合は届出人欄に,お父さんかお母さんが署名押印した届書をお持ちください。

名前について

常用漢字、人名用漢字、片仮名、平仮名以外使用できません。

出生届に関連する手続き

国民健康保険加入(国民健康保険加入者) 保険年金課
出産育児一時金(国民健康保険の加入者) 保険年金課
児童手当 子育て支援課
子ども医療受給者証 子育て支援課

死亡届

届出の時期

亡くなったことを知った日から7日以内に届出をしてください。(死亡の事実を知った日を1日目として算入します。)

届出に必要なもの

届出人

埋火葬

死亡届を受付後、埋火葬許可証をお渡しします。

婚姻届

届出の時期

婚姻届をした日が婚姻の日になります

届出に必要なもの

届出人

届書には,それぞれが自分で署名し,押印します。
届出には証人(成人で、お二人が婚姻する意思があることを知っている方)2名が必要です。

※届出においでいただいた方の本人確認を行います。
戸籍の窓口での本人確認について

未成年者の婚姻

父母の同意が必要です。

婚姻に関連する手続き

住民異動届(住所を変更される方) 市民課

印鑑登録の氏名は戸籍届により自動的に変更されます。

離婚届

離婚には、協議離婚と裁判による離婚があります。

協議離婚

届出の時期

離婚届を出をされた日が離婚日になります。

届出に必要なもの

届出人

それぞれが自分で署名し、押印する必要があります。(婚姻中の氏名で署名します。)
届出の際には,届書に押印した印鑑をお持ちください。

※届出においでいただいた方の本人確認を行います。
戸籍の窓口での本人確認について

姓の選択

筆頭者でない方で離婚されても引き続き婚姻中の姓を名乗りたい方は別に届が必要です。(戸籍法77条の2届を離婚届とともに提出します。)

親権者

未成年の子がいる場合は離婚届書の中で親権者の指定をしていただきますが、それだけでは子の戸籍の変動はありません。子の戸籍を移される場合は、離婚届提出後家庭裁判所の許可を得て入籍届が必要です。

証人

届出には証人(成人で、お二人が離婚する意思があることを知っている方)2名が必要です。

裁判(調停等)離婚

裁判の申し立てをした方は調停の成立または審判もしくは判決の確定の日から10日以内(調停成立又は、判決確定の日を1日目として算入します。)に,離婚届書1通と申立人の印鑑と必要書類を添えて届出をしなければなりません。
その際、調停離婚のときは調停調書の謄本、審判離婚のときは審判書の謄本及び確定証明、判決離婚のときは判決書の謄本及び確定証明書が必要です。
また、別府市に本籍がない方は戸籍謄本も1通必要です。
(詳細については市民課戸籍係にご相談、ご確認下さい。)

離婚届に関連する手続き

住民異動届(住所を変更する方) 市民課

お問い合わせ

市民課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎GF)

電話:0977-21-1135

Eメール:cit-le@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る