文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

重度心身障害者医療費

重度心身障害者医療費とは?

この制度は、重度心身障害者に対し、医療費の自己負担額を助成することにより、保健の向上、福祉の増進を図ることを目的としたものです。

対象者は?

別府市に住民登録をしている方で、身体障害者手帳所持者で1、2級に該当する方、療育手帳所持者でA1、A2に該当する方、身体障害者手帳の3級でなおかつ療育手帳B1の所持者、精神障害者保健福祉手帳所持者で1級に該当する方です。

★ 申請先は別府市障害福祉課です。(出張所ではできません)

医療費の申請は?

医療機関等で支払った負担金の内、医療保険適用分については、市に申請することにより、自己負担限度額までの助成を受けることができます。ただし、自己負担額が月額1,000円に満たないときは申請できません。

精神障害者保健福祉手帳所持者の精神病床における入院に要したものは支給対象となりません。

★ 申請先は別府市障害福祉課です。(出張所・郵送でもできます)

申請書の出し方は?

★ 申請書(重度心身障害者医療費支給申請書)はダウンロードできます。

医療機関ごと、入院・外来ごとに、月額1,000円以上の医療費を支払った場合申請できます。院外処方の薬局分は、処方せんを出した病院の医療費と合算できます(医科+薬局)。

(1)
申請書は月ごと、医療機関ごと、入院・外来ごとに必要です。
ただし、歯科だけは別に申請書が必要です。
(2)
医療機関の欄は、病院(医院、薬局等)で記入してもらってください。
(3)
市役所障害福祉課、または、各出張所(南部・朝日・亀川)に提出してください。(郵送でもかまいません。)
(4)
毎月10日までに受付けた申請書については、審査後、その月の25日に指定口座に振り込みます。
  • 申請は診療月(支払日ではない)の翌月から1年以内におこなってください。
  • 申請はひと月一回です。ひと月分をまとめて提出してください。
  • 郵送の場合、10日までに障害福祉課が受付けた場合にその月の25日支給となります。
  • 10日、25日が土・日・祝日の場合は、翌日または翌々日に延長されます。

支給について

(1)
氏名・住所・保険・指定口座の変更があった場合には、必ず別途お届け下さい。払戻しできないことがあります。
(2)
高額医療費・附加給付の対象となる医療費は、支給額から除かれます。
(各保険者へ申請が必要な場合があります。)
(3)
透析を受けている方(特定疾病療養受療証をお持ちの方)は、各医療機関につき、入院・外来ごとにひと月の自己負担限度額までを支給します。
(自己負担限度額を超えた場合は、各保険者へ申請が必要な場合があります。)
(4)
重度心身障害者医療費として申請された医療費は、本人に払い戻されますので、確定申告の医療費控除の対象にはなりません。

~注意~

平成27年1月より70歳未満の方の自己負担限度額が変更になりました。

所得によって異なりますので、ご加入の健康保険より「限度額適用認定証」の交付を受けてください。医療機関の窓口に提示することにより、医療費の支払が限度額までとなります。

お問い合わせ

障害福祉課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎1F)

電話:0977-21-1413

Eメール:haw-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る