文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

平成30年度からの市県民税の変更について

平成30年度(平成29年分)から

  1. 【医療費控除】 領収書の提出の代わりに“医療費控除の明細書”の添付が必要になります
  2. 【医療費控除】 スイッチOTC薬控除(セルフメディケーション税制)の適用開始
  3. 【給与所得】 給与所得控除の上限額の引き下げ

平成31年度(平成30年分)から

  1. 【配偶者控除及び配偶者特別控除】 控除の見直し

1 【医療費控除】 領収書の代わりに“医療費控除の明細書”の添付が必要になります

平成30年度(平成29年分)の市県民税申告から、医療費控除を申告される場合は領収書の代わりに「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」を添付していただくようになります。各明細書は、市民税課33番窓口カウンターにあります。また、国税庁ホームページからダウンロードできます(明細書の様式は、今後変更する場合があります)。

従来の医療費控除を受けるには

申告では、平成29年分 医療費控除の明細書を添付してください。
健康保険組合などが発行する医療費通知書(医療費のお知らせ)を添付すると、明細の記入を省略できます。

医療費通知書で申告される場合は、次の事項を確認してください。

※平成30年度から平成32年度までの市県民税申告については、医療費の領収書の添付または提示に代えることもできます。

※医療費通知書とは、次の事項が記載されたものをいいます。
①被保険者などの氏名 ②療養を受けた年月 ③療養を受けた者 ④療養を受けた病院、診療所、薬局などの名称 ⑤被保険者などが支払った医療費の額 ⑥保険者などの名称

※明細書の記入内容を確認させていただくことがあるため(医療費通知書に係るものを除きます)、領収書はご自宅などで5年間保管してください。

2 【医療費控除】スイッチOTC薬控除(セルフメディケーション税制)の適用開始

平成30年度(平成29年分)の市県民税申告から、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った特定一般用医薬品等購入費を対象とする、スイッチOTC薬控除が医療費控除の特例として適用されるようになります。
従来の医療費控除とスイッチOTC薬控除は、どちらか一方のみの適用となります。
申告される場合は、所得控除として有利な方を選択してください。
(一度選択した控除を変更することはできません。)
また、同じ世帯内でスイッチOTC薬控除と従来の医療費控除をそれぞれ申告することができます。(例:夫がスイッチOTC薬控除、妻が従来の医療費控除を申告する)

【従来の医療費控除とスイッチOTC薬控除の比較】

  従来の医療費控除 スイッチOTC薬控除
対象期間 各年1月1日から12月31日まで
(スイッチ0TC薬控除は、平成30〜34年度の市県民税が控除対象期間です。)
対象費用 支払った医療費(A) スイッチOTC医薬品の購入費(B)
控除額の計算方法 Aー保険金などの補てん金額ー10万円(※)
※総所得金額等が200万円未満の方は、総所得金額等の5%
Bー保険金などの補てん金額ー1万2千円
控除額の上限 200万円 8万8千円

(1)スイッチOTC薬控除の対象となる方

健康の保持増進及び疾病の予防への取組として「一定の取組」を行っている居住者が対象となります。一定の取組とは、具体的に次のような取組です。

※申告される方が一定の取組を行っていない場合は、控除を受けることができません。

  1. 加入されている健康保険の保険者が実施する健康診査(人間ドッグ、各種健(検)診など)
  2. 市町村が健康増進事業として行う健康診査
  3. インフルエンザなどの予防接種
  4. 勤務先での定期健康診断
  5. 特定健康診査(いわゆるメタボ検診)、特定保健指導
  6. がん検診

(2)特定一般用医薬品等とは

特定一般用医薬品等とは、医師によって処方される医薬品(医療用医薬品)から、ドラッグストアで購入できるOTC医薬品に転用(スイッチ)された医薬品のことをいいます。
対象となるスイッチOTC医薬品の詳細は、厚生労働省ホームページで確認できます。

厚生労働省ホームページ「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について」

(3)スイッチOTC医薬品は、このマークでわかります

一部の対象医薬品には、パッケージに識別マークが掲載されています。

製品の大きさやパッケージの色により、マークの大きさや色が異なります。

識別マークがないものでも、対象となる場合があります。

識別マーク

【識別マーク】

対象医薬品を購入した費用は、レシートの①または②の記載で確認できます。

①対象医薬品の前に「★」と「セルフメディケーション税制対象商品」と記載
②対象商品のみの合計額を記載

【①の例】

①の例

【②の例】

②の例

(4)スイッチOTC薬控除を受けるには

申告では、次の①の書類を添付し、かつ、②の書類を提示または添付してください。

①平成29年分 OTC薬控除の明細書

明細書には領収書などをもとに、以下の記載をしてください。

②健康の保持増進及び疾病の予防のための「一定の取組」を行ったことを明らかにする書類

書類の具体例は、(1)を参考にしてください。

3 【給与所得】給与所得控除の上限額の引き下げ

給与所得控除の見直しが行われ、平成30年度以降は給与所得控除の上限額が次のようになります。

区分 平成26〜28年度 平成29年度 平成30年度以降
上限額が適用される給与収入額 1,500万円 1,200万円 1,000万円
所得控除の上限額 245万円 230万円 220万円
(例)給与収入が1,400万円(A)ある場合の給与所得額 A×0.95−170万円=1,160万円 A−230万円=1,170万円 A−220万円=1,180万円

4 【配偶者控除及び配偶者特別控除】 控除の見直し

平成31年度(平成30年分)市県民税申告から、配偶者控除及び配偶者特別控除について、以下のような見直しが行われます。

(1)配偶者控除

配偶者を扶養している納税義務者ご自身の合計所得金額が900万円超〜1,000万円以下(給与収入であれば1,120万円超〜1,220万円以下)の場合、控除額が段階的になります。また、合計所得金額が1,000万円を超える場合、配偶者控除は対象となりません。

(2)配偶者特別控除

配偶者の合計所得金額が38万円超〜123万円(給与収入であれば103万円超〜2,015,999円)の場合は、配偶者特別控除の対象となります。満額の控除を受けられるのは、配偶者の合計所得金額が38万円超〜90万円以下までの方であり、90万円超〜123万円までの方は控除額が段階的になります。 さらに、配偶者控除同様、配偶者を扶養している納税義務者ご自身の合計所得金額により、控除額が段階的になります。

【平成31年度(平成30年分)以降の配偶者控除と配偶者特別控除】備考

  納税義務者の合計所得金額 【参考】
配偶者が給与所得のみの場合の配偶者の給与収入金額
900万円以下 900万超〜
950万円以下
950万円超〜
1,000万円以下
  配偶者の合計所得金額 市県民税 所得税 市県民税 所得税 市県民税 所得税
配偶者控除 38万円以下
(老人控除対象配偶者)
33万円
(38万円)
38万円
(48万円)
22万円
(26万円)
26万円
(32万円)
11万円
(13万円)
13万円
(16万円)
1,030,000円以下
配偶者特別控除 38万円超〜
85万円以下
33万円 38万円 22万円 26万円 11万円 13万円 1,030,000円超〜
1,500,000円以下
85万円超〜
90万円以下
36万円 24万円 12万円 1,500,000円超〜
1,550,000円以下
90万円超〜
95万円以下
31万円 31万円 21万円 21万円 11万円 1,550,000円超〜
1,600,000円以下
95万円超〜
100万円以下
26万円 26万円 18万円 18万円 9万円 9万円 1,600,000円超〜
1,667,999円以下
100万円超〜
105万円以下
21万円 21万円 14万円 14万円 7万円 7万円 1,667,999円超〜
1,751,999円以下
105万円超〜
110万円以下
16万円 16万円 11万円 11万円 6万円 6万円 1,751,999円超〜
1,831,999円以下
110万円超〜
115万円以下
11万円 11万円 8万円 8万円 4万円 4万円 1,831,999円超〜
1,903,999円以下
115万円超〜
120万円以下
6万円 6万円 4万円 4万円 2万円 2万円 1,903,999円超〜
1,971,999円以下
120万円超〜
123万円以下
3万円 3万円 2万円 2万円 1万円 1万円 1,971,999円超〜
2,015,999円以下
123万円超〜 0円 0円 0円 0円 0円 0円 2,015,999円超〜

お問い合わせ

市民税課 普通徴収係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎GF)

電話:0977-21-1119

Eメール:tax-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る