文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

平成29年度別府市特定健康診査のご案内

生活習慣病の早期発見や予防のために、年に一度の特定健康診査をお受けください。保険年金課は国民健康保険に加入されているみなさまの健康づくりをサポートしています。

対象者

別府市国民健康保険加入者で、昭和17年5月2日〜昭和53年3月31日生まれの人(年度末年齢40〜75歳の人)

期間

平成29年5月1日(月)~
平成30年3月31日(土)
(現在74歳の人は75歳の誕生日前日まで)

※10月以降になると、医療機関ではインフルエンザなど感染症の流行や各種 予防接種などで混雑しますので、健診は早めの受診(5~9月)をお勧めします。

必要な物

別府市の国民健康保険証と受診券(A4サイズ・黄色)

健診内容

問診、身体計測、血圧測定、尿検査、血液検査(血中脂質、肝機能、血糖、腎機能)、診察

基本検査項目 内容
問診 自覚症状・服薬治療中の病気の有無など質問を基にした予備的診断。
身体計測 身長・体重 体重の急激な増減は要注意。
BMI・腹囲 肥満かどうかの判定。
血圧測定 高値では心筋梗塞や脳卒中を引き起こしやすくなる。
尿検査 血糖値が高いと出ることがある。
蛋白 腎機能が低下すると出ることがある。
血中脂質検査 中性脂肪 酒や甘い物のとりすぎ、運動不足等で増える。動脈硬化を進める。
HDLコレステロール 善玉コレステロール。低すぎると動脈硬化になりやすい。
LDLコレステロール 悪玉コレステロール。血管壁にたまり動脈硬化の原因になる。
肝機能検査 AST 肝臓に障害が起こると値が高くなる。
ALT
γ-GT アルコール性肝障害で高値になる。
血糖検査 空腹時血糖(またはHbA1c) 高値で糖尿病の疑い。
腎機能検査 血清クレアチニン 腎機能の状態を見る。高値は腎機能障害の疑い。
eGFR 腎臓糸球体ろ過量を見る。低値は腎機能障害の疑い。
理学的検査 診察。

費用

無料

健診場所

指定医療機関、もしくは健診センターのいずれかで受けることができます。

お問い合わせ

保険年金課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎GF)

電話:0977-21-1148

Eメール:inp-le@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る