別府市消防本部 > 別府市の消防 > 各部署の紹介

別府市の消防

各部署の紹介

指揮調査隊
業務の内容

災害現場において、速やかに指揮本部を設置し収集分析した情報を指令室に報告するとともに、現場指揮者の補佐を行います。
隊員の活動状況を把握し、災害現場における安全管理に努めています。
また、平素は職員の教育訓練や行事等の企画・立案や、当直員の勤務命令表の作成、勤務時間編成表の作成などの事務も行っています。
近年、テロや集団災害など国内外で被害の大きな特殊災害が頻発しており、様態は複雑多様化しています。
万一そのような災害が発生した場合、被害を最小限に抑えるとともに、職員の安全に配慮した現場活動を支えるために日々技術の向上に励んでいます。




消防隊
指揮調査隊写真
業務の内容

火災の種別により、ポンプ車・タンク車または化学車と車両を乗り分けて出動しており、出動時には最も災害現場に接近することから、特に地理・水利に関しては、隊員間で検討会を実施して、防火対象物や消火栓・貯水槽等の位置把握に努めています。
さらに、車両や人員を有効に活用するため、他隊との連携訓練など、実戦に即応した訓練に昼夜問わず汗を流しています。
また、現場活動のみならず、平素は職員の休暇手続きや給与・手当等の支給など庶務的な事務も行っています。

隊員のひとこと
消防隊は、元気で意欲のある隊員が多い明るい隊ですが、ひとたび火災等の災害が発生すると、他の隊に先駆けて先頭を切って現場に出動します。
市民や観光客等の生命・身体・財産を守るため訓練に励み、知識・技術の向上に努めています。
また現場においても、冷静な判断力と安全管理の徹底を意識して活動にあたっています。



救急隊
救急隊写真
業務の内容

内容としてはやはり救急出場が主で、年間約5,500件、1日約15件の出場があります。
その他、毎月第2日曜に救命講習や上級・普及員講習等の応急手当の普及啓発活動も実施しています。
日頃の訓練も欠かさず、救急隊単独訓練での救急想定訓練、火災現場や救助現場での他の隊との連携訓練など災害現場でスムーズに活動できるよう日々努力しています。
別府市においては、すべての救急車が『高規格救急車』であり、同乗する救急救命士による高度な救命処置・特定行為を行うことができ、隊員全員が傷病者の社会復帰を目指して努力しています。

隊員のひとこと
年々救急出場が増加傾向にあり、それに伴い救急現場も多種多様化しています。
現在、救命処置は飛躍的に進歩しており、病院・医師との連携を図り、その遅れをとらないよう頑張っていきたいです。



はしご隊
はしご隊写真
業務の解説

別府市のはしご車は、35m級・20m級の2台が本署と浜町出張所に配置されています。
浜町出張所は約20m級はしご車、本署においては約20年ぶりに更新した『35m級先端屈折式はしご車』 が導入され、日本でもトップレベルの仕様となっています。
隊としては、災害種類によってはしご車・タンク車を乗り分けて出動をしています。
日常業務では、はしご車の取扱い訓練をはじめ、中高層建物火災に備え高度な訓練に取り組んでいます。
また水利調査や自主防災会の訓練指導、防火対象物の立ち入り検査、社会見学の受入れ、各種統計等の事務を行っています。

隊員のひとこと
別府市の防火対象物(消防法施行令別表 第一に限る。)は約6,000棟あり、そのうち3階以上の建物は約2,400棟で全体の約40%を占めています。また旅館・ホテル等が多い街であり、災害 時の市民・観光客の安全を守るため、建物構造や消防用設備等の把握をするため、積極的に警防査察・予防査察の実施を行っています。
また、高機能の車両を操作するため、操作技術や他隊連携の向上を目指し、訓練を積み重ねるとともに、災害現場では高所作業をともなうため、災害出動時総 重量約15㎏の装備で活動できる身体・精神力を養うため、日々体力錬成を重ねています。



救助隊
救助隊写真
業務の内容

消防隊・はしご隊と違う点として火災はもちろん、交通事故・水難事故・建物等による事故など、あらゆる災害からの人命救助を専門に行っています。
人を救助するため、強靭な体力・知識・経験が必要であり、毎日各種災害を想定しての訓練実施や、工作車積載の救助器具・器材の取扱いや点検を実施しています。

隊員のひとこと

救助魂・救助精神を合い言葉に、自身の妥協を許さず、空き時間には各自トレーニングを実施するとともに、 救急知識の習得を図り、更なる災害現場での要救助者への適正処置・救出判断の向上を目指します。
 多種多様の災害が発生しても、即座に対応できる隊を目標に日々精進しています。




通信指令室
通信指令室写真
業務の内容

火災、救急、救助及びその他災害の119番等の通報の受理をし、各隊に出動指令を発し、災害出動時における通信の統制や災害情報の収集などを行います。
2003年4月から新しい指令システムの運用を開始し、自動出動指定装置、地図検索装置が導入されました。これにより災害地点の確認、出動時間の短縮が図られました。
携帯電話の直接受信やIP電話(直収電話)の119番接続、消防無線のデジタル化など消防通信に関する環境は大きく変化しており、機器取扱い及び原理の習熟に力を注いでいます。
また、災害情報の受報後は速やかな災害地点の確認・指令を行い、現場到着時間の短縮を図るよう努力しています。

仕事に対する目標
携帯電話の直接受信やIP電話(直収電話)の119番接続、消防無線のデジタル化など消防通信に関する環境は大きく変化しており、機器取扱い及び原理の習熟に力を注いでいます。
また、災害情報の受報後は、速やかな災害地点の確認、指令を行い、現場到着時間の短縮を図るよう努力しています。



庶務課
業務の内容

庶務課には、庶務係・施設消防団係があります。
 庶務係は、職員の人事・給与・研修・福利厚生等に関することや、予算及び決算に関すること、その他課・係に属しない事務に関することを主に行っています。
 施設消防団係は、車両・機械器具・消防用無線等の保全及び配置・運用に関することや、消防団の人事・福利厚生・普及啓発活動及び予算・決算に関する事務を主に行っています。




警防課
業務の内容

警防課には、警防係・救急救助係があります。
警防係は、水火災等の原因及び損害調査に関することや、消防職員及び消防団員の訓練、演習に関すること、開発行為に係る協議及び同意、消防相互応援協定に関することを主に行っています。
救急救助係は、救急救命の普及・啓発に関することや、救急救命士の指導育成に関すること、資機材の研究開発、救急救助統計等の事務を主に行っています。




予防課
業務の内容

予防課には、指導係・予防係があります。
指導係は、消防用設備等の点検及び報告・検査に関することや、危険物製造所等の検査、貯蔵取扱い及び指導に関することを主に、最近では、住警器設置の啓発も行っています。
予防係は、防火対象物(施設や事業所、学校などの建物)の立入検査や、法令に基づいた火災予防に関する届出の受理、防火管理者の指導育成、火災予防運動行事等を主に行っています。
さらに、防火対象物で実施される避難訓練の立会・指導なども積極的に行っています。