別府市消防本部 > 別府市の消防 > 消防車両

別府市の消防

消防車両

消防装備


ポンプ車
ポンプ車写真
消火栓や防火水槽、自然水利(川や池など)から水を吸い上げ放水したり、他の消防車に送水をする車両で、現在、6台が配置されています。

長さ
5.73m
1.9m
高さ
2.85m
重さ
5t
乗車定員
5人
水槽付きポンプ車
水槽付きポンプ車写真
1,500ℓの水槽を積載しており、現場到着と同時に、消火栓等に接続しなくても、単独で放水することができます。
現在、4台が配置されており、通称タンク車と呼ばれています。

長さ
6.66m
2.3m
高さ
2.6m
重さ
9.64t
乗車定員
6人
化学車
化学車写真
水槽に1300ℓの水と500ℓの泡薬剤を積載しており、車両火災等の発生時に出動し、水では消火できない油脂や化学物質の火災で活躍します。

長さ
7.21m
2.29m
高さ
2.94m
重さ
10.14t
乗車定員
6人
先端屈折式はしご車(35m級)
先端屈折式はしご車(35m級)
はしごの先端が屈折することで、電線や樹木などの障害物を避けて上から建物に接近するのはもちろん、特に高層ビルのフェンスや手すりなどに囲まれた屋上でのスムーズな救助活動を可能にしました。

長さ
11.55m
2.49m
高さ
3.70m
重さ
21.82t
乗車定員
6人
救助工作車
主として、火災現場や交通事故現場などでの救助活動に用いられる車両で、車体にはウィンチ、クレーン、大型照明器具を備え、さらに事故車両等に閉じ込められた人を救助するための、スプレッターを始めとする各種救助資器材を積載しています。

長さ
7.8m
2.3m
高さ
3.15m
重さ
11.61t
乗車定員
6人
高規格救急車
高規格救急車写真
高度救命処置用資機材を搭載し、認定資格を有する救急救命士が除細動(電気ショック)や気管挿管などの特定行為を実施することができます。

長さ
5.64m
1.90m
高さ
2.47m
重さ
3.34t
乗車定員
7人
指揮車
指揮車写真
災害現場での指揮を行うための車両であり、情報を収集・分析し、効率的な消防活動を行うための車両です。

長さ
5.15m
1.69m
高さ
2.60m
重さ
2.92t
乗車定員
8人
緊急輸送車
様々な災害に対応するための資機材や人員などを搬送する車両であり、最大21人が乗車することができます。

長さ
6.13m
2.17m
高さ
1.73m
重さ
3.09t
乗車定員
21人
火災原因調査車
原因調査車写真
消防本部警防課が所管し、主として火災原因調査の際に用います。火災原因調査に必要なカメラや照明器具等を積載しています。

長さ
4.84m
1.88m
高さ
2.22m
重さ
2.7t
乗車定員
5人