別府市消防本部 > 応急手当 > その他の応急手当

応急手当

その他の応急手当

目・耳・鼻に異物が入ったとき

目に異物が入ったとき

洗面器などに水を入れ、顔をつけてまばたきをして、涙と一緒に洗い流す。

鼻に異物が入ったとき

鼻を強くかんで出す。それでも出ないときは病院へ。

※鼻の穴から異物が見えても、安易にピンセット等でつまもうとしない。取れにくくなったり、誤嚥(ごえん:異物を誤って飲みこむこと)させたりする。

耳に異物が入ったとき

耳の中を傷つけるので無理に出そうとしないでください。取れない場合は病院へ。

虫が入ったら

耳を引っ張りながら懐中電灯の光を当てる。光にひかれて出てくることがある。

水が入ったら

水が入った方の耳を下に向けて片足でトントンはねる。綿棒を静かに入れて吸い取る。

硬いものが入ったら

異物が入った耳を下に向け、後ろの方へひっぱりながら反対側の頭をトントンと叩く。

のどに物がつまったとき

物がつまったサイン

  • 会話や呼吸ができなくなり、くちびるが青くなる。
  • 手でのどをつかんでいることが多い。

傷病者が自分で対処できる場合

まず自分でセキをするように伝えます。

傷病者が自分で対処できない場合

背中を叩いて取り除く。肩甲骨(けんこうこつ)の間を異物がでるか、意識がなくなるまで叩く。

乳幼児の場合

乳児を腹ばいにして、頭を下に向けて手のひらと腕にのせたあと、背中を叩く。

小児の場合

片腕で子どもの腹部をかかえたあと、勢いよく頭を下げて、背中を叩く。

成人の場合

頭部を胸より低い位置にして、片方の手のひらで胸を支える。もう一方の手のひらで肩甲骨の間を数回素早く強く叩く。

抱え上げることが無理な場合は、横向きに寝かせて、あごを少しつき出させてから、背中を叩いて取り除く。

日射病・熱射病

汗をかいていて、体温がそれほど高くないとき

涼しい場所で、衣服をゆるめて安静に寝かせる。意識があるときは、スポーツドリンクなどの塩分を含んだ飲み物を飲ませる。

汗が止まり、体温が異常に高いとき

ただちに全身を冷やし、救急車を呼ぶ。