別府市消防本部 > インフォメーション > 活動報告

インフォメーション

活動報告

2017年の活動報告はこちら

「第40回大分県消防救助技術指導会 市長査閲」を行いました 2018年5月18日

日時

平成30年5月18日(金) 9:00~

場所

別府市消防本部

5月25日(金)に大分市消防総合訓練所(大分市新貝)で開催される「大分県消防救助技術指導会」に別府市を代表して出場する選手を激励するため、市長査閲を受けました。

別府市からは「ロープブリッジ渡過」「ロープブリッジ救出」「ほふく救出」「はしご登はん」「ロープ応用登はん」「引揚救助」の6種目に出場します。

全国大会出場を目指して、日夜訓練に励んでいます!

写真 写真
写真 写真
写真 写真

大分県消防学校(初任教育)入校式 2018年4月5日

日時

平成30年4月5日(木) 10:00~

場所

大分県消防学校(由布市狭間町)

大分県消防学校(初任教育第71期)に、別府市から1名の職員が入校しました。
これから県内13消防(局)本部の消防吏員41名と共に、6ヶ月にわたり消防全般にわたる基礎的な知識及び技術(実科訓練)等の習得並びに消防職員として必要な心構えなどを学んできます。

様子 様子

左より 本田敏彦 消防長、本田拓人 消防士

高齢者叙勲の受章について 2018年3月28日(木)

永年にわたり国民の生命、身体及び財産を火災等の災害から防御するとともに、消防力の強化、充実に尽力され、消防の発展に貢献し、社会公共の福祉の増進に寄与された功績により、岡本和夫さんが高齢者叙勲を授与されました。
誠におめでとうございます。

発令

平成30年3月1日

知事伝達式

平成30年3月28日

受章者

瑞宝単光章 元別府市消防団(第1分団)副分団長 岡本和夫(88歳)

平成29年度消防庁長官表彰伝達式を行いました 2018年3月26日(月)

平成29年度消防庁長官表彰に別府市から3名の方が「永年勤続功労章」を受章され、市長より伝達されました。
受章者の皆様、おめでとうございます!

日時

平成30年3月26日(月)11:00~

受章者

(1)消防団関係
後藤利夫(第17分団 分団長)
月足原之(第2分団 分団長)
(2)消防職員関係
後藤浩司(消防次長)

消防庁長官表彰

消防吏員又は消防団員等の士気の高揚を図るとともに、地域住民の消防に対する正しい認識と円滑な協力援助関係を確立するため、消防に関して功労のあった消防吏員、消防団員、消防教育職員、消防機関及び消防隊並びに部外の個人及び団体に対して、消防庁長官が表彰状、徽章、表彰旗等を授与して行うものです。

「消防団第8分団2部格納庫完成お披露目会」を開催しました 2018年3月17日

日時

平成30年3月17日(土) 10:00~

場所

別府市亀川中央町11番

別府市消防団第8分団は亀川地区などを管轄としています。これまでの格納庫は昭和50年に建設され築42年を経過し老朽化しておりましたが、今回、亀川地区都市再生整備計画事業の一環として移転・新築いたしました。

新格納庫の概要

災害に強い鉄筋コンクリート造りの構造とし、小型動力ポンプ付積載車を格納できるスペースを確保した格納庫です。

構造
鉄骨造2階建て
床面積
延べ床面積76.14㎡
事業費
28,674,000円
写真 写真
写真

別府市消防団が優良消防団「竿頭綬」を授与されました 2018年3月7日(水)

平成30年3月7日、国技館にて、自治体消防制度70周年記念式典が挙行され、別府市消防団のこれまでの活動に対し優良消防団「竿頭綬」が授与されました。
優良消防団「竿頭綬」は、規律厳正にして技能熟達するとともに、消防施設の充実に努めた成績が特に特に優良である消防団に授与されるもので、消防団活動に努める決意を新たにしました。

「大型施設訓練」を実施しました 2018年3月6日(火)

平成30年春季全国火災予防運動期間中の行事として、ホテル火災による人的及び物的被害の軽減を図ることを目的として、大型施設訓練を実施しました。

日時

平成30年3月6日(火)11時00分~12時00分

場所

美湯の宿 両築別邸(別府市観海寺3)

参加機関 (合計53名)

別府市消防本部
消防本部(8名)
消防署第2中隊(15名)
両築別邸
自衛消防隊員及び訓練参加者(30名)

訓練想定

平成30年3月6日(火)11時00分頃、5階502号室内でタバコの火種が座布団に接触して火災が発生。両築別邸の自衛消防隊による消防訓練が行われる。
502号室の宿泊客及び501号室の宿泊客と連絡がとれない。

訓練の様子

写真 写真

119通報訓練

初期消火訓練

写真 写真

避難誘導訓練

火災防ぎょ・屋内進入訓練

写真 写真

救出訓練

はしご車救出訓練

「平成29年度別府市消防団春季訓練」を実施しました 2018年3月4日(日)

別府市消防団の規律や消防技術の向上を図るため、消防団春季訓練を実施しました。
訓練には、315名が参加し、①訓練礼式 ②車両運転及び車両誘導訓練 ③中継訓練 ④応急手当指導要領 などに真剣に取り組みました。

日時

平成30年3月4日(日) 9:00~12:00

場所

別府翔青高校第3グラウンド・消防本部

写真 写真

訓練会場

訓練礼式

写真 写真

車両運転及び車両誘導訓練

中継訓練

写真 写真

応急手当指導要領

閉会式

「大規模特殊災害時における消防実動訓練」を行いました 2018年2月28日(水)

日時

平成30年2月28日(水) 10:00~12:00

場所

別府公園駐車場

参加機関

大分DMAT(新別府病院、別府医療センター、鶴見病院)、別府市消防本部・別府市消防署

化学剤等の漏えい、流出、拡散又は散布の事故に伴う災害(特殊災害)に対する初動対応から終息に至るまでの消防活動、部隊運用、医療機関等との連携体制の構築を図る目的で実動訓練を実施しました。

訓練想定

平成30年2月28日(水)10時00分、浜町管内の農業用地において土壌くん蒸用の農薬を保管している倉庫を所有者が整理していた際に陳列していた棚から農薬を誤って落下させ、その影響で農薬が漏えい、所有者が漏えいした薬液を浴び、中毒症状に陥り、物音等を聞いて駆け付けた関係者数名が2次的に被災、複数名の傷病者が発生した。

(1)119通報受信から出動まで

多数の傷病者が発生しており、目、鼻、咳等の異常を訴え、異臭がする。」「普段見かけないような液体が残留している。」などの119番通報を受信し、特殊災害に対する必要資機材を携行し、出動します。

写真 写真

出動前のミーティング

資機材準備

(2)現場到着後の活動

漏洩場所から十分な安全距離を保ち車両部署を行い、到着後は消防活動を効果的に行うために危険区域等の設定を行います。

写真 写真

現場到着時の様子

危険区域進入準備

写真 写真

危険区域内の傷病者の救出

歩行可能な傷病者の誘導

写真 写真

シャワーによる除染活動

除染後の傷病者の搬送

写真 写真

救護活動の様子

救護活動の様子

写真 写真

現場指揮の様子

救急搬送

平成30年春季全国火災予防運動(3/1~3/7)
火災予防街頭啓発活動を実施しました 2018年2月26日(月)

平成30年春季全国火災予防運動行事として、ミス別府の川上紗英さんを一日消防長に委嘱し、火災予防街頭啓発を行いました。
街頭啓発では、鉄輪保育園の子どもたちによる鼓笛演奏、朝日幼稚園の子どもたち、婦人防火クラブの皆さんによる啓発活動を行い、道行く方々に防火を呼びかけました。

日時

平成30年2月26日(月) 9:00~10:30

場所

市内一円

写真 写真

一日消防長委嘱(ミス別府:川上紗英さん)

朝日幼稚園の皆さん

写真 写真

鉄輪保育園の皆さんによる鼓笛演奏

婦人防火クラブの皆さん

第10回防火ミニバレーボール大会を開催しました 2018年2月18日

住宅用火災警報器の設置推進、防火意識の高揚及び婦人防火クラブ員、関係者の親睦と融和を図ることを目的に、防火ミニバレーボール大会を開催しました。
各会場で熱戦が繰り広げられました。

日時

平成30年2月18日(日) 9:00~15:00

場所

鶴見台中学校、中部中学校

結果

女子の部 男女混合の部
1位 カランコロン 1位 あるふぁ
2位 2位 緑軍団
3位 ビギン 3位 M's(エムズ)
4位 スマイル 4位 月曜会
5位 ベアーズ
6位 第3ミニ
別府市消防団連絡協議会協賛 消防団長賞「スポーツ商品券」

優勝チーム

女子の部
「カランコロン」
男女混合の部
「あるふぁ」
別府市消防設備同業組合協賛 MVP賞「住宅用火災警報器」

各チームから1名選出

【女子の部】

カランコロン
一力千恵
絆 
矢方智恵美
ビギン
片山眞由美
スマイル
大野悦子
ベアーズ
安部美代子
第3ミニ
飯干比佐子

【男女混合の部】

あるふぁ
斎藤真由美
緑軍団
小野恵里香
M's(エムズ)
上田裕子
月曜会
小野あさみ
様子 様子
様子 様子

消防車両を更新しました 2018年2月1日

別府市消防署の消防車両を更新しました。
今回更新した車両は、「消防ポンプ自動車(CD-1型)」「水槽付消防ポンプ自動車(水1-A型)」の2台です。平成30年2月1日(木)から運用を開始しました。

車両概要

消防ポンプ自動車(CD-1型):本署へ配備

「消防ポンプ自動車」は、小型の消防車両であるため小回りがきき、狭い路地にも進入できます。また、ポンプ、はしご、ホースカーなどの装備を備えてます。

写真

水槽付消防ポンプ自動車(水1-A型):朝日出張所へ配備

「水槽付消防ポンプ自動車」は、消防ポンプ自動車に1.5トンの水タンクを搭載した車両です。消火栓や防火水槽などの水利を利用しなくても消火することができるため、火災現場に到着後、素早く消火活動を行えます。
また、CAFSという圧縮空気泡消火装置を装備しており、水及び薬剤、空気を混ぜて放水することによって、消火・冷却効果の増加や、放水による水損の防止が期待されます。

写真

文化財防火デーに伴う消防訓練を行いました 2018年1月25日

日時

平成30年1月25日(木) 13:30~14:00

場所

別府市美術館(野口原3030番地1)

参加機関

別府市教育委員会15名(教育長、社会教育課、別府市文化財保護審議会委員)
別府市消防本部21名(予防課、警防課、第2中隊)
別府市美術館関係者等3名

1 文化財防火デーの趣旨

昭和24年1月26日、法隆寺金堂から出火した火災によって、壁十二面に描かれた芸術的な価値のある仏画の大半が焼損したことにより、昭和25年、文化財保護法が制定されました。
このような災害から文化財を守るとともに、国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、昭和30年から、消防庁と文化庁の共唱により1月26日を「文化財防火デー」と定めているものです。

2 訓練想定

別府市美術館1階研修室から漏電により火災が発生し、別府市美術館の自衛消防組織による自衛消防活動が実施される。

様子 様子
様子 様子

別府市消防団車両交付式を行いました 2018年1月24日

日時

平成30年1月24日(水) 10時00分~

場所

別府市消防本部

別府市消防団第9分団1部の小型動力ポンプ付積載車の更新にあたり、車両交付式を行いました。併せて、平成29年12月に更新した別府市消防団本部指揮車のお披露目をしました。加藤分団長より「新たな車両を十二分に活用し、地域住民は元より観光客の安全確保のために昼夜を問わず、災害活動に全力で取り組みます」との決意表明がありました。

様子 様子
様子 様子
様子

車両概要

第9分団1部小型動力ポンプ付積載車

シャーシ社名
日産シャーシ
型式
ダブルキャブオーバー型
排気量
1,990cc
乗車人員
9人
写真

消防団本部指揮車

シャーシ社名
SUBARU FORESTER 2.0EyeSight
型式
SUV型
排気量
1,990cc
乗車人員
5人

(公財)日本消防協会平成29年度消防車両交付事業により交付されました。

写真

平成30年「別府市消防出初式」を開催しました 2018年1月14日(日)

日時

平成30年1月14日(日) 10:00~11:30

場所

的ヶ浜公園(スパビーチ)

主な内容

分列行進
消防車両・消防職員・団員・防災機関による行進
人員・服装点検
消防職・団員の規律ある礼式を別府市長が点検
アトラクション
ラッパ隊発隊式(女性分団)
書道パフォーマンス(大分県立別府翔青高校書道部)
鼓笛演奏(ひめやま幼稚園幼年消防クラブ)
放水点検
消防団・海上保安部による一斉放水点検
※演奏(陸上自衛隊第41普通科連隊音楽隊)
写真 写真

分列行進

人員・服装点検

写真 写真

ラッパ隊発足式

書道パフォーマンス

写真 写真

鼓笛演奏

放水合図の演奏(ラッパ隊・自衛隊)

写真 写真

放水点検

大分海上保安部巡視艇「ゆふぎり」放水