別府市消防本部 > Q&A

Q&A

Q&A

防炎製品には、どのような製品があるのですか。
防炎品には、消防法で規制されている『防炎物品』と、防炎製品認定委員会が防炎性能等を認定した『防炎製品』があります。
不特定多数の人が出入りする施設・建築物や高層建築物などで使用されるカーテンやじゅうたん等は防炎性能を持つ『防炎物品』の使用が義務づけられており、それらには「防炎」の表示をつけることになっています。
また、『防炎製品』は法規制ではありませんが、消費者保護の観点から、身の回りの繊維製品などを燃えにくく性質を改良したもので、中立的な立場にある「防炎製品認定委員会」がその防炎性能を保証して、消費者が安心して商品を購入できるようにしています。
なお、『防炎製品』は、寝具、テント・シート類、衣服、布張家具、障子紙など多岐にわたり、以下の表示がなされています。


町内に自主防災会があると聞いたのですが、どのような組織で、どのような活動を行っているのでしょうか。
別府市には、各町内に自主防災会があり、活動の和を広げていくという意味合いから、自治会組織の中に組み入れられています。
「一人一人の力はわずかであっても、みんなが協力し合って活動をすればすばらしい力が発揮できる」という基本理念の基に、各地区において防災訓練や防災 に関する啓発活動、そして、危険箇所の一斉点検などを実施し、災害に強いまちづくりを目指しています。


消防士になりたいのですが、年齢制限や資格など詳しいことを教えてください。
別府市においては、毎年消防職員の募集を行っていますが、年齢的な制限や資格などについては、年度によって異なっています。
募集要項等が決定しましたら、市報やこのホームページなどを通じて広くみなさまにお知らせしますので、ご了承ください。


救急救命士は、どのような業務を行っているのですか。
救急救命士は、医療の空白地帯と言われていた、搬送途上の処置の充実を図るために創設され、救急救命士法により法制化された身分制度です。
救急救命士の行える救命処置としての特定行為は、呼吸又は心臓が停止した傷病者に対して、器具を使用した気道確保、静脈路の確保などがありますが、これらを行なう場合、医師の指示を受けなければなりません。
また、平成16年7月からは、気管にチューブを入れる気管挿管による気道確保ができるようになり、別府市でも、平成17年3月には、県下初の気管挿管のできる救急救命士が誕生しました。
平成18年4月からは、薬剤(アドレナリン)投与が行えるようになり、別府市でも、平成18年10月から薬剤投与のできる救急救命士が誕生しています。
このように救急救命士が行うことのできる救命処置は、年々拡大しており、更なる救命率の向上が期待されます。


一般の人もAED(自動体外式除細動器)が使用できると聞きましたが、それはどんな場所に設置されているのですか。
また、容易に取扱いはできるのですか。
平成16年7月から、一般の方々もAED(自動体外式除細動器)が使用できるようになりました。
別府市内の公共施設等に設置しており、市民の方にもしものことがあった場合、迅速かつ適切な対応ができるよう備えています。
また、市内の多数の人が集まる施設数箇所にも設置されており、今後も設置される施設が増えることが予想されます。
取扱いは簡単ですが、事前に講習を受けていただいたほうが、より安全に使用できます。
消防署で行う講習ではAEDを取り入れた内容で実施していますので、ぜひ受講されてください。


ボランティア活動を始めたいと考えているのですが、何か私にできることはありますか。
別府市には、火災や災害のときに活動していただく消防団組織があり、市内の概ね小学校区ごとに配置しています。
⇒詳しくは募集情報をご覧ください。

その他、ご意見・ご感想はメールフォームより、お問い合わせはfire-dep@city.beppu.lg.jpへお送りください。

ページの先頭へ