別府市消防本部 > 応急手当 > やけど

応急手当

やけど

こんなときは、見た目以上に重症なことが多いので、大至急病院へ!!

  • 爆発などで熱気を帯びて鼻毛がこげたとき
  • あんかや湯たんぽなどでやけどをしたとき
  • サウナや入浴でやけどをしたとき

やけどの種類と対応

一般的なやけど

流水で痛みがなくなるまで冷やす。

刺激が強い場合は、やけどした所に直接水圧がかからないよう洗面器などに浸す。

※水ぶくれをつぶしたり、くずれた皮膚を取り除いたりしないでください。

薬品によるやけど

  • 化学薬品などをかぶった場合は、体についた薬品を流水でよく洗い流す。
  • 目に入った場合は、絶対にこすらない。
  • 必ずやけどした方の目を下にして流水で洗い流す。

広範囲のやけど

流水で皮膚がむけないよう、清潔なガーゼやタオルで患部をおおい、ホースやシャワーの水をかけて冷やす。

衣服を無理に脱がせると、やけどをした皮膚を傷つけるので、着たままの状態で水をかけて冷やす。

十分に冷やしたあと、清潔なガーゼやシーツで患部をそっとおおい、からだ全体を毛布で保温して、大至急病院へ!!

※ただし、あまりにもやけどの範囲が広すぎる場合には、全体を冷やすと体温を急激に下げてしまう可能性があるので、10分以上の冷却はさけてください。