別府市消防本部 > インフォメーション > 募集情報

インフォメーション

募集情報

令和3年度 危険物事故防止対策論文募集

消防庁の統計によると、令和2年中の危険物施設における事故発生件数は562件で、これは、平成元年以降で最も事故が少なかった平成6年と比較すると、危険物施設は減少しているにも関わらず、約2倍に増加しています。

このようなことから、今後も事故防止対策に取り組んでいく必要があり、安全で快適な社会づくりに向けて、危険物の製造、貯蔵、取扱い、運搬に係る事故防止を図ることを目的として、広く論文を募集します。危険物に係る事故防止対策や安全対策に関し、皆様の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

危険物事故防止対策論文募集リーフレット(PDF:518KB)

論文のテーマ

危険物に係る事故防止や安全対策に関するもの

  • 提言、アイデア、経験等
    事故防止及び安全対策に係わる提言、アイデア、経験等に関するもの
  • 事故の拡大防止
    実際に経験した事故等における対応をふまえ、事故の拡大防止について考察したもの。
  • 事故の分析
    危険物施設において発生した事故の原因調査及び事例を分析、または、教訓とした、事故の発生防止対策、被害の拡大防止対策に関するもの。
  • 危険性評価手法
    危険物施設等のハザードを抽出し、危険性を評価する手法の活用例
  • 安全の科学技術
    事故の防止対策及び対応策に関する科学技術の基礎及び応用に関するもの
  • 職場等の安全対策
    職場等における事故防止対策、安全活動等の自主的な取り組みに関するもの
  • 事故防止に係わる知見の蓄積・教育方法
    事故防止の観点からとらえられた危険物の貯蔵・取扱い上のノウハウの整理・分析

事例及び教育(伝達)事例について

  • 安全対策技術
    設備、機器等の検査技術に関する安全対策、事故に関与するハザード
    (例えば、設計・整備・清掃不良、腐食、静電気火花)を除くための防止対策及び対応策に関するもの
  • 危険物、少量危険物及び指定可燃物に係わる安全
    危険物、少量危険物及び指定可燃物の貯蔵、取扱い及び運搬に係わる安全について
  • 事故防止対策・安全対策に関するその他のもの

応募資格

特に制限はありません。どなたでも応募できます。

応募締切

令和4年1月31日(月曜日)必着

選考方法

学識経験者、関係行政機関の職員等による審査委員会において、厳正な審査を行います。

  • 消防庁長官賞
    賞状及び副賞(20万円)〈2編以内〉
  • 危険物保安技術協会理事長賞
    賞状及び副賞(10万円)〈2編以内〉
  • 奨励賞
    賞状及び副賞(2万円)〈若干名〉

※副賞は危険物保安技術協会からお渡しいたします。

受賞の表彰式は、危険物安全週間(令和4年6月の第2週)中に東京で開催される、危険物安全大会において行います。

応募方法

  1. 論文は、日本語で書かれたもので未発表のものに限ります。ただし、限られた団体、組織内等で発表された場合は応募可能とします。(一部に限り既発表の部分を使用する場合は、その旨を本文中に明記してください。)受賞論文は、危険物保安技術協会のホームページに発表されますので、必要に応じて関係者の事前の了解を取ることをお願いします。また、著作権等の問題を生じないようご留意ください。
  2. A4(字数換算:1ページあたり40字×40行程度)1枚以上10枚以内程度としてください。
    なお、図表及び写真は、文中への挿入、本文と別に添付のいずれも可能です。ただし、本文と別に添付する場合に、字数換算をA4(1ページあたり1,600字程度)で行い、全体を10枚相当分以内程度としてください。
  3. 論文の概要を添付してください。
  4. 論文は、「論文タイトル」、「氏名(ふりがな)」、「連絡先(住所、電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)」及び受賞論文発表時に明記する勤務先等がある場合の「勤務先名称及び所属」を記載した用紙を添付のうえ次のあて先(E-mail可)までお送りください。
  5. 共同で取り組んでいる場合には、連名の応募も可としますが、代表者が分かるように記載ください。
  6. 論文は、返却いたしません。

あて先及びお問合わせ先

〒105-0001

東京都虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル

危険物保安協会 事故防止調査研修センター

電話番号:03-3436-2356 FAX:03-3436-2251

ホームページ:危険物保安技術協会

令和4年度 危険物安全週間推進標語の募集

危険物の保安に対する意識の高揚と啓発を推進するため、毎年6月の第2週は危険物安全週間とされています。

この週間の行事を推進するため、危険物災害の防止と危険物の貯蔵・取扱いの安全を呼びかける標語を募集します。

なお、最優秀作は危険物安全週間推進ポスターに活用する予定です。

令和4年のポスターモデルは、第52回全日本弓道選手権大会初出場で初優勝を成し遂げられた、村川春圭さん(盛岡市役所勤務)を予定しています。

危険物安全週間推進標語の募集リーフレット(PDF:1.05MB)

応募方法

(一財)全国危険物安全協会の特設サイトから詳細をご確認の上、応募フォームからご応募ください。

  • 1送信につき標語1点とします。
  • Web以外での応募や入力事項に不備がある場合は無効とします。

応募締切

令和3年12月10日(金曜日)17時まで

最優秀作(1点)
消防庁長官賞と副賞20万円
優秀作(1点)
全国危険物安全協会理事長賞と副賞10万円
優良作(10点)
記念品

※副賞と記念品は危険物安全週間推進協議会からお渡しします。

※入選された場合はご本人に通知するとともに、消防庁及び(一財)全国危険物安全協会のホームページや関係新聞・広報誌等に作品とお名前及びお住まいの都道府県・市町村名を発表いたします。

※入選作品の著作権は主催者に帰属するものとします。

選考方法

関係行政機関・学識経験者等による標語審査委員会の厳正な審査によって行います。

お問い合わせ先

〒105-0021

一般財団法人全国危険物安全協会

東京都港区東新橋1丁目1番19号 ヤクルト本社ビル15階

電話番号:03-5962-8921

危険物とは

消防法で定められているもので、一般的に次のような危険性を持った物品をいいます。

  1. 火災発生の危険性が大きい
  2. 火災拡大の危険性が大きい
  3. 消火の困難性が高い

※私たちの身近なものでは、ガソリン・灯油・油性塗料等があります。

主催:消防庁/都道府県/市町村/全国消防長会/一般財団法人 全国危険物安全協会

2022年度全国統一防火標語の募集

一般社団法人日本損害保険協会と消防庁の共催で2021年9月13日(月曜日)から次年度の「全国統一防火標語」の募集を開始しました。

この標語の募集は1965年度から毎年実施しており、今回で57回目を数えます。入選作品は「2022年度全国統一防火標語」として約20万枚のポスターに掲載され、2022年4月1日から1年間、全国各地の消防署をはじめ、公共機関等に掲示されるほか、防火・防災意識の啓発などに広く活用されます 。

応募方法

一般財団法人日本損害保険協会の特設サイトから確認してください。

応募締切

令和3年12月5日(日曜日)

発表

令和4年3月下旬

お問い合わせ先

一般財団法人日本損害保険協会

業務企画部 防災・安全グループ

電話番号:03-3255-1294

バナー QRコード

おおいた消防団応援の店推進事業

本市では大分県・県下市町村と連携し、地域防災の要である消防団員の活動を応援し、地域防災力の充実強化を図るため、消防団員を割引きサービス等で優遇する「消防団応援の店」の登録を推進しています。

消防団は日頃の消火活動だけでなく、地震や風水害といった大規模災害時の救助、警戒巡視、避難誘導、災害防ぎょなど、さまざまな現場で活躍しています。

大切な人、大切なまちを守る、消防団を地域ぐるみで応援しましょう!

ぜひ、登録のご協力をお願いします!

募集方法

大分県ホームページから「消防団応援の店登録申込書」に必要事項を記載のうえ、大分県生活環境部防災局消防保安室消防班あてファクス(097-533-0930)または、電子メール(a13560@pref.oita.lg.jp)にてお送りください。

募集内容

  • 消防団員に対する優遇サービス等(消防団員本人および同伴者に対する優遇サービスも可。)
  • 例:購入金額の5%引き、ライス大盛り無料、ドリンク一杯無料、ポイント2倍 等

利用開始日

平成28年12月1日以降から

詳細情報

大分県ホームページ http://www.pref.oita.jp/soshiki/13560/oitasyouboudan.html

この事業のお問い合わせ

大分県生活環境部防災局消防保安室消防班

電話
097-532-3158
FAX
097-533-0930
E-mail
a13560@pref.oita.lg.jp

この情報のお問い合わせ先

別府市消防本部 庶務課

電話
0977-25-1122
FAX
0977-26-4090

消防団員の募集

別府市消防団では、地域防災のリーダーとして、情熱をもって活動していただける方を求めています。(性別は問いません。)

別府市の消防団 分団紹介

資格
  1. 別府市内に居住又は市外から別府市へ通勤・通学する方
  2. 年齢が18歳以上の方(外国籍の方も含む)
  3. 心身ともに健康な方
身分・処遇等
特別職の地方公務員として活動し、年額報酬(階級が「団員」の場合34,000円)や出動などした際の手当(1回当たり2,500~3,500円)が支給されます。
5年以上勤務し退団した場合には、退職報償金(約200,000円~)が支給されます。
消防団活動に必要な被服等(活動服、アポロキャップなど)が支給されます。
消防団活動中の負傷や事故に対しては、公務災害として補償されます。
職務にあたって功労、功績があった場合は表彰されます。
お問い合わせ
消防本部庶務課施設消防団係 電話 0977-25-1123
ページの先頭へ