文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
市政

国際スポーツキャンプ誘致とは

日本国内での開催が予定されているスポーツの国際大会(ラグビーワールドカップ2019、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会など)に参加するチームのキャンプ誘致を進め、『国際観光温泉文化都市』として新たな魅力の創造に取り組みます。

活動内容

日本国内での開催が予定されているスポーツの国際大会

1 ラグビーワールドカップ2019

期間

2019年9月20日〜11月2日

会場

全12会場

開催都市 試合開催会場
札幌市 札幌ドーム
岩手県・釜石市 ※ 釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)
埼玉県・熊谷市 ※ 熊谷ラグビー場
東京都 東京スタジアム
神奈川県・横浜市 ※ 横浜国際総合競技場
静岡県 小笠山総合運動公園エコパスタジアム
愛知県・豊田市 ※ 豊田スタジアム
大阪府・東大阪市 ※ 東大阪市花園ラグビー場
神戸市 神戸市御崎公園球技場
福岡県・福岡市 ※ 東平尾公園博多の森球技場
熊本県・熊本市 ※ 熊本県民総合運動公園陸上競技場
大分県 大分スポーツ公園総合競技場

※は共同開催となります。

参加チーム

全20チーム

組み合わせ

2017年5月10日(水)に、京都迎賓館でラグビーワールドカップ2019日本大会のプール組分け抽選会が行われました。

アジアで初となるラグビーワールドカップ2019日本大会ですが、このプール組分け抽選会も、アジアで初めて行われました。

  プールA プールB プールC プールD
バンド1 アイルランド ニュージーランド イングランド オーストラリア
バンド2 スコットランド 南アフリカ フランス ウェールズ
バンド3 日本 イタリア アルゼンチン ジョージア
バンド4 ヨーロッパ地区1 アフリカ地区1 アメリカ地区1 オセアニア地区1
バンド5 ヨーロッパ・
オセアニア
プレーオフ1
敗者復活
予選優勝
チーム
オセアニア地区2 アメリカ地区2
12チームが予選免除で出場権を獲得

RWC2015イングランド大会の各プール戦で上位3チームに入った国(計12チーム)は予選免除で自動的に出場権を獲得。ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、アイルランド、スコットランド、フランス、ウェールズ、ジョージア、日本、イングランド、イタリア

残る8枠のRWC2019™日本大会の出場権の決定方法は以下のとおり。

2 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会

第32回オリンピック競技大会 東京2020パラリンピック競技大会
期間 2020年7月24日~8月9日 2020年8月25日~9月6日
競技 33競技
当大会は新たに野球、ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンが実施種目に選ばれました。
22競技

お問い合わせ

文化国際課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎4F)

電話:0977-21-1131

Eメール:int-ma@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る