文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

実相寺多目的グラウンド 日記

きょうの芝 第4弾 2018年11月30日

ラグビーなどのスパイクを履いた激しいスポーツで使用したあとのグラウンドは芝がえぐれてデコボコしていたり、切れた芝が散乱しています。

芝生がえぐれた箇所の写真
切れた芝のアップ写真

グラウンドのより良い状態を保つため、グラウンドを使用するたびに補修を行っています。 上記左側写真のような芝が抉れている部分には砂をかけて踏み固め、平らにします。

スコップですなをかけている写真
足で地面を踏み固めている写真

数人で広いグラウンドを見回り、一つひとつデコボコした場所を補修していきます。

芝生がはげた箇所の写真

切れて散乱した芝は芝刈機で集めます。 芝刈機は乱れた芝を刈りながら整え、また散乱した芝カスを集めることができます。

芝刈機の解説画像
芝刈機が芝生を刈っている写真
整備後の芝生の写真

きょうの芝 2018年10月25日

WOS(Winter Over Seed:冬芝の種を播くこと)後に刈込を行い刈目がでてライグラス(播いた種の種類)のグラウンドらしくなってきました。
しかしまとまった降雨がなく、徐々に発芽状況はそろってきましたが、まだ発芽段階の種子もあり、様子を見ながら施肥(肥料を与える)を行います。
早めに発芽している分は2葉になってきました。

10月15日撮影

グラウンド全体の写真
芝生のアップの写真

10月25日撮影

グラウンド全体の写真
芝生のアップの写真
 
 

きょうの芝 第2弾 〜2018年10月9日〜2018年10月15日

種を播く作業はトラクターと播種(はしゅ)用機械を使って行っています。

はしゅ用機械の写真

今回使用した播種用機械には穿孔(穴をあける)・播種(種をまく)・擦り込み(地面になじませる)・転圧(平坦に仕上げ、押込み、落ち着かせる)の機能が搭載されています。 トラクターで播種用機械を牽引することによってこの4つの動作を同時に行います。 牽引されたことによって無数の突起のあるローラーが転がり、地面に程よく孔を開けます。そして機械から種が播かれ、直後に播いた種を擦り込みます。最後に、鉄のローラーで転圧し、平坦に仕上げます。

はしゅ用機械の解説画像

これからは水をまく等の作業が繰り返され、大切に育てられます。

芝生に水を撒くスプリンクラーの写真
芝生のアップ写真

まだ種の冬芝ですが、これからどんどん大きくなっていく過程も皆さんにお知らせしていきます♪

グラウンド全体の写真
芝生の写真
 

きょうの芝 2018年9月18日

現在は冬芝準備のため、天然芝を徐々に刈り込んでいます。
冬芝の種が発芽しやすい環境にするため、美観が少々悪い状態です。また美しい天然芝のグラウンドになるのが楽しみです。

ショベルカーがグラウンドを掘り起こしている写真
高い場所から撮られた写真。様々な重機が働いているのがわかる。
 

お問い合わせ

文化国際課 国際スポーツキャンプ誘致推進室

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎4F)

電話:0977-21-1777

Eメール:beppu.camp@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る