• ホーム
  • 石綿(アスベスト)含有家庭用品について

検索結果が0件です。
別の検索キーワードで検索してみてください。

石綿(アスベスト)含有家庭用品について

家庭用の製品のうち、180社608製品にアスベストを使用していることが、経済産業省が業界に行った調査でわかりました。(平成17年11月10日現在)

これらの製品のうち、通常の使用においてアスベストが飛び散る可能性があるのは2製品で、いずれも火鉢とともに販売していた灰に含まれるものですが、これらの製品は昭和41年までに販売を終了しています。

このほかの602製品(現在調査中のものを除く)については製造メーカーによると、通常の使用ではアスベストが飛び散ることはないとされています。

石綿(アスベスト)が含まれている可能性のある家庭用品の一例

電化製品 アイロン、電気こたつ、電気ストーブ、オーブントースター、除湿乾燥機、ヘアードライヤー、白熱灯器具、電気温水器など
ガス・石油機器 石油温風ヒーター、石油ストーブ、石油ファンヒーターなど

通常家庭で使用する家庭用品にも、石綿(アスベスト)が使用されているものがあります。
下記の経済産業省のホームページに詳細が掲載されていますので、ご確認ください。

経済産業省−石綿(アスベスト)を含有する家庭用品の実態把握調査の結果について

石綿(アスベスト)に関する大分県のHPはこちらです。

大分県−石綿(アスベスト)に関する情報


TOPへ戻る