• ホーム
  • もったいないねット 交渉成立への道

検索結果が0件です。
別の検索キーワードで検索してみてください。

もったいないねット -- 交渉成立への道

『もったいないねット』の掲載期間は3ヶ月です。
(希望があれば延長可能)
その間に、交渉希望者があらわれ、話がまとまれば交渉成立です。
『もったいないねット』は2003年4月に開設し、今まで市民の方からいろいろな不用品情報を登録していただきました。
このうち交渉成立にいたるのか!?
または成立せずに期限切れを迎えてしまうのか!?
というのはどうやらコツがあるようですよ。
3R(アール)の妖精さんに耳を傾けてみましょう。

1. 品物をイメージしやすい情報を!

「登録情報を見て思うのが、品物がどんなものなのかわかりやすいというのは大事だよね。例えば特徴・大きさなどの情報が詳しく載ってると、交渉を希望する人たちは品物をイメージしやすいよね。」
「それは言えてるね。交渉を希望する人にとっては、たくさんの情報がないと申込みにくいよね。」
「ですよねー。交渉を申し込んで、自分のイメージと違ったらショックだもんね。交渉を申し込む人のことを考えた登録品の詳しい情報というのは、交渉成立へと導いてくれる力強い味方になってくれます。」

2. 子ども・ベビー用品は人気!

「使う期間も限られているしね。使わなくなった人も欲しい人もたくさんいるってことだね。一番リユース(再使用)しやすいものかも。」
「そっかあ。人気の品なのか。じゃあ、家で使っているのも使わなくなったら登録しようかな・・・。」
「使ってるって子どもいるの?!」
「・・・・・・。」
「答えろよ!!」

3. 交渉成立を増やすとっておきの秘策は口コミ!

「環境課でも広報はしていますけど、なんと言っても口コミにかなうものはありません。」
「確かにね。“もったいないねット”を知っている皆さんが利用するのはもちろんのこと、さらに知り合い・ご近所の方にも教える。そうすると口コミにより利用者が増える。」
「利用者が増えれば、登録や交渉希望者も増える。この流れが大事なんですよね。皆さんが“もったいないねット”の輪を広げていくことが、交渉成立への近道となるってことだね。」

TOPへ戻る