文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

別府市立保育所の給食食に関するトピックス 11月

子どもの野菜嫌いを克服する為には「ベジトレ」が期待されます

子どもの頃と大人になってからの野菜が好きな割合の調査によると、子どもの頃から野菜好きだった割合は36%、大人になってから好きになった割合は77%です。また、子どもの頃に野菜嫌いだった人が大人になって野菜が好きか嫌いか調べたところ59%が好きと答え、大人になって野菜嫌いを克服した人が6割ほどいることが分りました。

全体で子どもの頃(小学校1~3年生)の食習慣を調べたところ、大人になってから野菜が好きな人ほど、子どもの頃から毎日、毎食、野菜料理が食卓に出ていた割合が高い事が分りました。味の好みの変化などで大人になって野菜好きになる人も多いようですが、子どもの頃の食習慣や環境も大きくなってから野菜を好きになるかどうかに影響するようです。

野菜嫌いの原因は思い込みがほとんどと言われ、近頃子どもを野菜を好きにする為のトレーニング「ベジトレ」が注目されています。買い物や料理のお手伝いなどで素材に触れてもらうこと、子どものモチベーションをあげるような声かけなどが克服につながります。

まず野菜、もっと野菜プロジェクト~野菜たっぷり給食の日~

健康寿命を延ばす3つの鍵のひとつに、「野菜摂取350g」があります。

大分県が平成28年に実施した「県民健康意識行動調査」では、野菜摂取量は男性が各年代とも約70g、女性は20代が最も少なく92g不足しているという結果でした。

そこで、県では「まず野菜、もっと野菜」プロジェクトを立ち上げ、最初に野菜を食べること(まず野菜)、今より70g多く野菜を食べること(もっと野菜)の推進に取り組んでいます。

保育所では、普段から旬の野菜を多く食べられる給食を取り入れていますが、「まず野菜、もっと野菜プロジェクト」の1食100gの野菜たっぷり給食の日を11月の給食に取り入れています。

中華風ごぼう唐揚げ

材料 分量
ごぼう 中1本
大さじ1
醤油 大さじ2
にんにく 小さじ1
生姜 小さじ1
片栗粉 大さじ1

作り方

  1. ごぼうは手でよく洗い、皮付きのまま斜め薄切りにします。
  2. 1.をビニール袋に入れて、酒・醤油・にんにく・生姜を加えて、20分程置きます。
  3. 2.の袋に片栗粉を加えて、よく振ります。
  4. 中温の油で、からりとするまで揚げて完成です。

大分県HPより抜粋

お問い合わせ

子育て支援課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎1F)

電話:0977-21-1427

Eメール:fas-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る