文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

別府市立保育所の給食食に関するトピックス 10月

おうちでできる食育~3食を決まった時間に摂るように心がけよう~

幼児の毎日の食事は、朝食3:昼食3:間食1:夕食3の割合が望ましいとされています。また、決まった時間に食べることで、体内リズムが整います。

特に朝食をとると、寝ている間に下がった体温を高める働きがあり、1日元気に過ごすためのエネルギーにもなります。

また、間食となるおやつは子どもの楽しみでもあります。幼児のおやつは「第4の食事」と呼ばれており、必要なエネルギーを補っています。幼児が不足がちな栄養素は鉄、カルシウム、ビタミンと言われています。おやつには牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品、小魚・芋・果物などがおすすめです。

3食を決まった時間に食べて、体内リズム・生活リズムを整えましょう!

旬の野菜な~んだ?「かぼちゃ」

「冬至にかぼちゃを食べると長生きする」ということわざがあるように、冬に食べるイメージが強いですが、旬は9月~12月です。

しかし、収穫の一番のピークは夏から初秋にかけてです。収穫したてのかぼちゃは甘みが弱く、風通しの良い日陰で1ヶ月ほど保存して追熟させてから出荷されます。

10月10日何の日?目の愛護デー

「1010」を横に倒してみると、眉と目の形になることから、厚生労働省は毎年10月10日は「目の愛護デー」と定め、目の疾患などに対する予防意識を高め、疾患の早期発見・治療などに関する注意を呼び掛けています。

もともとは1931年に失明予防の運動として「視力保存デー」として制定されていました。

目は毎日私たちにたくさんの情報を脳に伝えてくれています。

目について考えるいい機会です。ぜひ考えてみてください。

目に良い栄養素ってどんなものだろう?

ビタミンA
目の粘膜を保護する働きがあります。(レバーや卵、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草など)
ビタミンC
目の水晶体の透明度を保つ働きがあります。(ピーマンやブロッコリー、オレンジなど)
アントシアニン
栄養素ではなく色素ですが、目の疲れに効果的です。(ブルーベリー、なす・ぶどうなどに含まれます)

お問い合わせ

子育て支援課 鶴見保育所 
施設詳細

〒874-0838 別府市荘園6組-5

電話:0977-24-7588

Eメール:tsurumihoiku@city.beppu.lg.jp

別府市ホームページの使い勝手はいかがですか?
情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る