文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

別府市立保育所の給食食に関するトピックス 8月

夏に体調を崩しやすいのはなぜ?

夏になると食が進まない、体がだるいなんてことありませんか?大人はもちろん子ども達にも起こりうることです。

暑い日が続くと、ついつい冷たい食べ物や飲み物に手を出してしまいがちです。冷たい麺類やアイスばかりでは、糖質が多く、栄養バランスが偏ってしまい、お腹もゆるくなったりすることもあります。

糖質はエネルギーとなる大切な栄養素ですが、摂りすぎると糖の分解に必要なビタミンを大量に消費してビタミン不足になります。ビタミンB群が不足するとエネルギーをうまく代謝できず、だるさや疲労感につながっていきます。

どうやって対策したら良いでしょう?

夏を元気に過ごすためにも体を作る「たんぱく質」、エネルギーになる「糖質」「脂質」体の調子を整える「ビタミン」「ミネラル」の五大栄養素を3食の食事を通してバランスよくとることが大切です。

体を冷やす役割があると言われる夏野菜のトマトやきゅうりなどは水分も多くおすすめです。麺類に夏野菜やゆでた豚肉など組み合わせるのもおすすめですよ。

汗を多くかく夏はミネラルが失われやすいことがよく知られていますが、ビタミンの摂取も意識してみましょう!

夏野菜ってこんなもの

トマト
1年中お店に並んでいますが、旬は夏の野菜です。
真っ赤な色には栄養成分(リコピン)がいっぱいです。
なす
濃い紫色のつやつやした実が特徴的です。
焼く、炒める、揚げる、煮るなどの様々な調理法に向いています。
オクラ
古代よりエジプトで栽培されていたと言われています。
ネバネバしているのが特徴でその正体は食物繊維の1つです。
ピーマン
ビタミンCが豊富に含まれています。
赤ピーマンや黄ピーマンなどは甘みが多く、子どもでも食べやすいです。

お問い合わせ

子育て支援課 鶴見保育所 
施設詳細

〒874-0838 別府市荘園6組-5

電話:0977-24-7588

Eメール:tsurumihoiku@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る