文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

別府市立保育所の給食食に関するトピックス 4月

おうちでできる食育~いただきます、ごちそうさま~

いただきますを漢字にすると「頂きます」になり、頂きとは頂上を意味します。

神様へお供えしたものを食べるときに敬意を表するために、その物を頭上(頂)に高くささげるような動作をしたことから「いただき」が「いただく・もらう」の意味になったそうです。

食事のあいさつとして使われている「いただきます」ですが、敬意を表する言葉で、現在では肉や魚、野菜も含め食材全ての「命」そのものに向けた感謝の言葉とされています。

また、食材を育てたり、獲ったりした人、食事を作ってくれた人に対する感謝の気持ちを込めた言葉です。

ごちそうさまを漢字にすると「御馳走様」になります。馳走とは「駆け走る」ということですが、駆けるには「早く走る」という意味があります。

昔は、食事を用意するために馬を走らせ食材を集めたこと、さらに人々が走り回って食事を用意する事から馳走という言葉が使われ、丁寧語の「御」と「様」がつき、「御馳走様」となりました。

昔に比べると、食材を調達をすることや調理することが便利になった現代でも、食事には食材を育て、収穫する人、運搬する人、販売する人、調理・盛付する人などたくさんの人が携わっています。

人は食べ物を見ると、唾液が出て、消化の準備が始まります。食卓にある食べ物を前に「いただきます」とあいさつをすることで、「遊び」から「食事」にスイッチが入れ替わります。

ぜひ、おうちでもいただきますとごちそうさまについてお話してみてください。

お問い合わせ

子育て支援課 鶴見保育所 
施設詳細

〒874-0838 別府市荘園6組-5

電話:0977-24-7588

Eメール:tsurumihoiku@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る