文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

別府市立保育所の給食食に関するトピックス 3月

げんきをつくる食卓

「ごはんとお味噌汁」でも楽しい食卓がつくれます!

毎日、家事育児など忙しい中で、今一度「ご飯とお味噌汁」を見直してみませんか?
普段から、作りなれているお味噌汁、いろいろな食感や色が楽しめる具材にしてみては?
キーワードは「御御御汁(おみおつけ)」です。「御」の字の数だけ具材を揃えましょう。具沢山の味噌汁にすれば、たった2つのお茶碗の中でも栄養バランスが整いやすくなります。「味噌汁」というと「和」を感じる汁碗と思われて、具もなんとなく和の食材を選びがちになっていませんか?
「miso-soup」と考え、味噌を使っていればあとは好きなようにかんがえてみましょう!
だしは、煮干・昆布・かつお節→コンソメ・ブイヨンに替えてみると具材の選択肢がグッと広がります。豆乳や牛乳を加えるとまろやかになり、ホワイトシチューのような見た目になりバリエーションが広がります。
この2つのお椀に後1品を足して夕食にしましょう。お肉やお魚を焼いただけでも十分です。トマトソース味や野菜あんかけにしたり、ちょっと見た目が変われば同じ食材だって飽きません。
シンプルな組み合わせでもう一品を手短に繕い、出来るだけ「親子一緒に食べる」を優先しましょう。

「ほめる知育」・・・食事作り、準備にかかわる子どもを育てる

「ごはんよ!」と時間になったら食事が自動的に出てくるのではありません。誰かが作ってくれてはじめて「いただきます」が言えることを体感することができるのがお手伝いです。食べることを楽しむことが大切なので、お母さんが時間に余裕がある時に少しずつ取り組まれるといいと思います。

ここで大切なことは「できた」ことが増えることではなくて、「たくさん褒められる機会が増える」ことをゴールにすることです。最後まで飽きることなくできたらそれだけでも褒めるポイントになります。

ーこどもの栄養2018よりー

お問い合わせ

子育て支援課 鶴見保育所 
施設詳細

〒874-0838 別府市荘園6組-5

電話:0977-24-7588

Eメール:tsurumihoiku@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る