文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

別府市立保育所の給食食に関するトピックス 1月

よく噛んで食べる(咀嚼)習慣を

現代人は昔の人に比べて、食べ物を噛む回数が大幅に減ったといわれています。

その原因には、柔らかい食べ物が好まれるようになったこと、食にかける時間が短くなったことなどがあげられます。よく噛むことは唾液の分泌を促し、消化吸収をよくする働きがあります。また虫歯の予防や肥満予防、丈夫なあごをつくるなどといった健康上のメリットもあります。

噛む回数が減って、現代人のあごは昔の人より小さくなったといわれています。そのため子どもたちの口の中に永久歯が生えるスペースが不足し、歯並びやかみ合わせが悪くなるなどの弊害が出る可能性もあります。

よく噛んで食べる習慣を小さなうちから身につけましょう。

根菜で体を温めましょう

冬は、かぶやれんこんなどの根菜がおいしい季節です。根菜に含まれるビタミンEやビタミンCには血行をよくする働きや、体を温める作用があるといわれています。また薬味として使われる生姜は、少量でも体をポカポカにしてくれます。温かい汁物や煮込み料理にも、ぴったりの根菜を上手に使って冬を乗り切りましょう。

お問い合わせ

子育て支援課 鶴見保育所 
施設詳細

〒874-0838 別府市荘園6組-5

電話:0977-24-7588

Eメール:tsurumihoiku@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る