文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

新型コロナウイルス

大分県内の発生は確認されていません。過度に心配する必要はないので現在流行中のインフルエンザも含めた感染症予防対策をお願いします。

新型コロナウイルスに関連した肺炎について

新型コロナウイルス感染症とは

中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、複数の肺炎の発生が報告され、新型のコロナウイルスがこの肺炎の原因とされています。現在、厚生労働省が必要な情報の収集・公表を行っています。 詳細は、関連リンクをご覧ください。

コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。

人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などのように重度でない症状にとどまります。

感染経路について

現時点では、飛沫感染と接触感染が考えられています。

飛沫感染

  1. 感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出
  2. そのウイルスを別の人が口や鼻から吸い込み感染

接触感染

  1. 感染者がくしゃみや咳を手で押さえる
  2. その手でドアノブなど周りの物に触れてウイルスがつく
  3. 別の人がウイルスのついたものに触り、手にウイルスが付着
  4. その手で口や鼻を触り感染

感染予防のためには

過剰に心配することなく「こまめな手洗い」と「マスクの着用」などの通常の感染予防が重要です。

(1)手洗い

ドアノブやバスの吊り革など様々なものに触れることで、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先の帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

(2)普段からの健康管理

普段から、十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

(3)適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適度な湿度(50~60%)を保ちます。

ほかの人にうつさないために

くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので「マスクの着用」「ティッシュなどで鼻と口を覆う」「とっさの時は袖や上着の内側でおおう」「周囲の人からなるべく離れる」を心がけましょう。

正しいマスクの着用法の画像

市民のみなさまへ

新型コロナウイルスによる肺炎を疑う場合の受診方法

下記に当てはまる方は、まず、東部保健所(電話:0977-67-2511・24時間対応)にご相談下さい。必要に応じて、診療体制の整った医療機関への受診をご案内します。

37.5℃以上の発熱と咳や鼻水、喉の痛み等の呼吸器症状があり、発症前14日以内に、以下のいずれかに該当する方

  1. 湖北省又は浙江省に渡航、又は居住歴がある
  2. 「湖北省又は浙江省に渡航又は居住歴がある人」との濃厚接触(※)がある

※濃厚接触とは:同居や長時間の接触(車内、航空機内等含む)であり、すれ違った程度を含みません。

別府市民のみなさまへのお知らせ

受診や予防に関する相談窓口 

東部保健所
電話:0977-67-2511(24時間対応)

厚生労働省の電話相談窓口

電話:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

大分県「新型コロナウイルスに関する相談窓口」の設置

電話:097-506-2775(健康づくり支援課内)

関連リンク

お問い合わせ

健康づくり推進課 

〒874-0931 別府市西野口町15番33号(別府市保健センター内)

電話:0977-21-1117

Eメール:hpd-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る