文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

最低賃金の引上げに向けた中小企業・小規模事業者支援事業等

業務改善助成金

最低賃金引上げに向けた環境整備について、中小企業・小規模事業者への支援を行うことを目的として、「業務改善助成金」が用意されました。

業務改善助成金は事業場内で最も低い賃金を30円以上引き上げ、生産性向上のための設備投資やサービスの利用等に要した費用の一部を助成します。

「大分県最低賃金額」は毎年10月上旬に引き上げられており、使用者は改定された最低賃金額以上の賃金を支払う必要があるため、業務改善助成金の有効な活用時期は大分県最低賃金額引上げの発効日(10月1日見込み)までとなります。

この機会に是非、ご活用ください。

詳細は以下のリンク先をご覧ください。

お問い合わせ先

大分労働局雇用環境・均等室

電話:097-532-4025

大分県業務改善奨励金

大分県では、新型コロナウイルス感染症の影響により厳しい経営状況にある中小企業者等に向けて、生産性向上、及び事業場内最低賃金の引き上げを支援します。

生産性向上のための設備資金や従業員の人材育成・教育訓練による業務の効率化等の取組を行い、事業場内最低賃金を20円以上引き上げた場合に対象者数に応じて奨励金を支給します。

また、業務改善助成金の申請に係る社会保険労務士等への報酬も奨励金の対象とします。

チラシ

対象者

  1. 令和3年7月~令和4年1月のいずれかの月の売上が対前年比(又は対前々年比)で30%以上の減少があること
  2. 時間当たりの事業場内最低賃金が地域別最低賃金から30円以内、及び事業場規模が100人以下の事業場であること。
    ※大分県の地域別最低賃金=令和3年10月5日までは792円、令和10月6日以降822円
  3. 令和3年7月16日~令和4年1月31日に大分労働局に業務改善助成金の交付申請を行い、事業場内最低賃金の引上げを行うこと。(賃上げは交付申請日以降に実施する必要があります。)
  4. 業務改善助成金の受給があること。(設備投資等に取り組む前に、大分労働局から業務改善助成金の交付決定を受ける必要があります。)

給付額

①業務改善助成金分

業務改善助成金における対象経費支出額から助成金を除いた額と下表の件奨励金上限額

※比較して、いずれか低い方の額を奨励金として支給します。(単位:千円)

コース 引上げ労働者数
1人 2~3人 4~6人 7~9人 10人以上
20円コース 50 75 125 175 200
30円コース 75 125 175 250 300
45円コース 112 175 250 375 450
60円コース 150 225 375 575 750
90円コース 225 375 675 1125 1500

②社会保険労務士等への報酬費用分

報酬費用の10/10、上限100千円を奨励金として支給します。

詳細は以下のリンク先をご覧ください。

お問い合わせ先

最低賃金引上げに伴う事業者向け相談窓口(大分県庁舎本館7階 雇用労働政策課)

電話:097-506-3357(8時30分~17時15分、月~金曜日まで)

掲載担当

産業政策課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎4F)

電話:0977-21-1132

Eメール:cin-te@city.beppu.lg.jp

別府市ホームページの使い勝手はいかがですか?
情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る