文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

シェイクアウト別府(市内一斉安全確保行動訓練)

別府市では11月5日「津波防災の日」に合わせ、地震の揺れから身を守る安全確保行動1-2-3を身につけるための訓練「シェイクアウト」を行いました。

多数の方にご参加いただきありがとうございました。

実施日時

令和元年11月5日(火) 正午(12:00)

実施場所

市内全域(自宅・職場・学校など、その時にいる場所)

訓練想定

令和元年11月5日(火)12:00、大分県中部を震源とした大地震が発生。

別府市では震度6強の揺れを観測し多くの建物が倒壊、負傷者も発生している。

訓練要領

①大地震発生の合図

大地震発生の合図として、市内15箇所のサイレン・スピーカーと、一部の消防車両サイレンを、連続20秒間鳴らしました。

②安全確保行動

サイレンを聞いたら(サイレンが聞こえない場合は開始時刻になったら)、ただちに「まず低く、頭を守り、動かない」の要領で約1分間の安全確保行動を取りました。

安全確保行動1-2-3イラスト

③緊急速報メール(エリアメール)受信

携帯電話等に緊急速報メール(エリアメール)が届いたら、内容を確認し訓練を終了しました。

訓練参加者

約100団体/19,000人

訓練参加団体一覧

お問い合わせ

防災危機管理課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎2F)

電話:0977-21-2255

Eメール:crm-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る