大河ドラマ「軍師官兵衛」ゆかりの
石垣原合戦(いしがきばるかっせん)マップ
慶長5年(1600)旧暦9月13日、別府の扇状地を舞台に、旧領回復を目指す大友義統(おおともよしむね)と黒田官兵衛孝高(くろだかんべえよしたか)・松井康之(まついやすゆき)が率いる軍勢との間で合戦が行われました。石垣原合戦と呼ばれるこの戦いは、関ヶ原合戦の2日前に両軍が激突し、黒田・松井方の勝利で終結しました。 この勝利で勢いを得た、黒田官兵衛はその後、九州各地の毛利・石田方(西軍)の城を次々に攻略していきました。敗れた大友義統は捕えられ、旧領回復の願いはかなえられず、豊後大友400年の歴史は別府の地で完全に幕を下ろすことになりました。

慶長5年(1600年)
−8月頃−−−−−−−−
大友義統が上方から豊後へ向かう。
−9月9日−−−−−−−
大友義統が別府の浜脇に上陸して、立石に布陣する。
黒田官兵衛が、中津城から豊後に向かって出陣する。
−9月10日−−−−−−
大友方が松井康之(細川家家臣)の守る木付城(杵築市)を攻める。
−9月11日−−−−−−
大友方は木付城を攻め落とすことが出来ず、立石の陣へ撤退。
−9月13日−−−−−−
木付城に到着した黒田方の援軍と松井勢が大友方の布陣する別府に向かって出陣。昼頃から夕方にかけて、石垣原で激しい戦闘が行われ、緒戦は大友方が有利に戦闘を進めるものの、数に勝る黒田・松井勢の奮戦により、吉弘統幸ら大友方の有力武将が討死して勝敗が決する。
この日の夜、黒田官兵衛が実相寺山に着陣する。
−9月15日−−−−−−
大友義統は降伏し、黒田方の陣に下り、石垣原合戦が終了する。
この日、関ヶ原合戦が行われ、徳川方(東軍)が勝利する。
    <マップ一覧>
  1. 大友義統本陣跡(おおともよしむねほんじんあと)
  2. 宗像掃部墓(むなかたかもんのはか)
  3. 宗像掃部陣跡(むなかたかもんじんあと)
  4. 吉弘嘉兵衛統幸陣跡(よしひろかひょうえむねゆきじんあと)
  5. 七ツ石(ななついし)
  6. 実相寺山(じっそうじやま)
  7. 黒田方陣跡(くろだかたじんあと)
  8. 吉弘統幸墓(よしひろむねゆきのはか)
  9. 宝泉寺(ほうせんじ)
  10. 南立石公園

【お問い合わせ 】
別府市役所 社会教育課 文化財係
〒874-8511 別府市上野口町1-15
電話:0977-21-1587(直通)
E-mail:lle-be@city.beppu.lg.jp
TOPへ