文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
市政

平成22年度 決算に基づく健全化判断比率等について

平成19年6月22日に成立したこの法律は、これまでの普通会計の決算を対象とした単年度の収支だけではなく、公営企業や土地開発公社、第三セクターの財政に対する影響額や将来負担する可能性がある負債見込額、公営企業の経営状況を反映した比率を監査委員の審査に付して議会に報告し、公表することにより、地方自治体全体のフロー・ストック両面にわたる財政状況を明らかにすることが義務づけられました。

また、平成20年度決算以降、財政状況が悪化し、国の定める基準以上になった場合は、財政健全化計画等の策定が義務付けられ、同計画に沿った改善の取組みを行うことにより、財政破綻に陥ることを未然に防止して健全な財政運営の確保を図ることを目的としています。

平成22年度決算に基づく比率

別府市の比率を以下のとおりお知らせします。

1  法律の概要

2  各比率の定義・対象となる会計等の範囲

3  健全化判断基準・経営健全化基準

4  平成22年度決算に基づく別府市の比率

  • 実質赤字比率
  • 連結実質赤字比率
  • 実質公債費比率
  • 将来負担比率
  • 資金不足比率

お問い合わせ

財政課 財政係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎4F)

電話:0977-21-1243

Eメール:fin-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る