文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
市政

ラグビーワールドカップ2019 誘致活動

これまでの活動

大分県農林水産祭にてラグビーステージ&ブースを開催しました!2017年10月14日〜15日

別府公園で行われた大分県農林水産祭にてステージ発表、ラグビーブースの運営をしました。 14日のステージ発表では、別府クラブの方々にご協力いただき、ラグビーの基本的なルールを実演を交えてご紹介をしました。
ラグビーブースでは、ラグビーワールドカップ2019™日本大会公式サポーターズクラブの登録コーナーやトライフォト、ラグビーボールでピンをたおすスマイルボーリングを設置しました。
トライフォトやスマイルボーリングはたくさんの方々に体験していただき、大盛況で終わりました!
15日は残念ながら雨の影響でステージ発表・トライフォト・スマイルボーリングを行うことはできませんでしたが、たくさんの方がブースに立ち寄ってくださり、ラグビーワールドカップ2019のチケットなどのご質問をいただきました。市民の皆様がラグビーワールドカップ2019に関心を向けてくださっていることを実感でき、嬉しい限りです・・・。

写真

ご年配の方から小さなお子様まで!皆様に楽しんでいただきました!

写真

ステージ発表!分かりやすく説明してくれました♪

写真

たくさんの方がブースに来てくださいました!

ラグビートップリーグに行ってきました!2017年9月24日

国内ラグビーの最高峰リーグといわれるジャパンラグビートップリーグ2017-2018第5節 キヤノンイーグルス VS ヤマハ発動機ジュビロの試合を観戦してきました。

会場では、「別府でスクラム組もうぜ!」の横断幕に加え、「ラグビーワールドカップ2019™日本中をわかそう♨」の新しい横断幕を掲げ、別府のPRをして参りました。この新しい横断幕は、別府駅東口の入り口上部にありますので是非ご覧ください!

当日の来場者数は18,279人!!多くの方が会場でラグビーの迫力を楽しみました。

結果はキヤノンイーグルス 21-69 ヤマハ発動機ジュビロという結果になりました。

写真

インゴールライン近くは攻防が激しくなります!

写真

ラグビー体験!子ども達に大人気でした♪

ラグビー九州学生Ⅱ部リーグ 開幕戦2017年9月23日

9月23日土曜日、野口原総合運動場にて立命館アジア太平洋大学と沖縄国際大学の試合がありました。

試合結果は立命館アジア太平洋大学 45-22 沖縄国際大学で立命館アジア太平洋大学の勝利で試合は終了しました。

リーグ戦は2017年12月2日までの土日で行われますで、最後まで頑張ってもらいたいです。

写真

立命館アジア太平洋大学 VS 沖縄国際大学

写真

結果はAPUの勝利!これからも頑張ってほしいです。

ラグビーワールドカップ2019カウントダウンボード除幕式2017年9月22日

ラグビーワールドカップ2019をより多くの方に知っていただくため、別府駅に開催までの日数を刻む、カウントダウンボードを設置しました。

9月22日の朝には、別府駅に改札近くで除幕式を執り行い、駅を利用していた方々にカウントダウンボードをお披露目しました。

設置場所は別府駅東口の南側です。

ラグビーワールドカップ2019まであと何日なのか・・・レッツカウントダウン!

写真

来賓の方々に除幕を行っていただきました。

写真

新しい横断幕もお披露目!

写真

開催まであと何日でしょう?
是非別府駅で確認してください!

大分県民体育大会2017年9月9日

2017年8月にプレオープンした実相寺多目的グラウンド。

9月9日には大分県民体育大会の総合開会式とラグビーの試合が行われました。

こけら落としとなるゲームでは、別府市ラグビーチームは日田と対戦し、みごと勝利しました!

4月に別府市民の皆さんと撒いた芝が、ラグビーの試合が出来るほどに成長いたしました。感慨深いですね・・・。

写真

県民体育大会総合開会式が行われました!

写真

別府市 VS 日田市

写真

新しい芝生の上で全力でプレーしていました!

実相寺多目的グラウンド「プレオープンイベント」2017年8月17日

改修中だった実相寺多目的グラウンドでプレオープンイベント「みんなで一番最初に芝生を使おうぜ!」を開催しました。
当日は約200人が集まり、ミニラグビー、ミニサッカー、グラウンド・ゴルフ、ニュースポーツなどを楽しみました。
18時30分という暗くなる直前からの開催で、会場の皆さんにナイター施設のライトが点灯したグラウンドもお披露目し、昼間とは少し違った雰囲気を体験していただきました。
実際にミニラグビーやミニサッカーをプレーした子ども達は「芝生の方が走りやすかった」と笑顔を見せてくれました。
念願の天然芝グラウンドが出来上がりました。子ども達をはじめ、たくさんの笑顔を生む場所になることを期待しています。

写真

たくさんの人に利用されることを願って

写真

みんなで一番最初に芝生を使おうぜ!

写真

上手に入れられるかな?

写真

夜でも安心してプレー!

姉妹都市ロトルア市を訪問しました2017年6月15日〜20日

ニュージーランドにおいて4年に1度のライオンズツアーの遠征に合わせ、ラグビーワールドカップ2019及び別府市の宣伝を行いました。

姉妹都市ロトルア市では「マオリオールブラックス対ブリティッシュ&アイリッシュライオンズ」の試合が行われ、ファンゾーンや観光案内所で多くのラグビーファンに別府市を宣伝することができました。

2019年にお会いしましょう。

写真

I-Site(観光案内所)宣伝ブースにて

写真

マオリオールブラックス対
ブリティッシュ&アイリッシュ ライオンズ

写真

ファンゾーンで着物体験!

日本代表観戦ツアー2017年6月10日

ラグビーワールドカップ2019大分県推進委員会主催事業

「日本代表 vs ルーマニア代表観戦バスツアー」に別府市から総勢94名で参加しました。

参加したラグビースクールの子ども達は日本代表の迫力ある攻守に目を輝かせて観戦しました。

芝生をまこうぜ!2017年4月29日

現在改修中の多目的グラウンドの撒き芝体験イベント実施しました。ラグビー、サッカー、グラウンド・ゴルフのプレイヤーなど約120人の市民が体験しました。

写真

市民に愛されるグラウンドを目指して

写真

みんなで芝生をまこうぜ!

JALウィングス VS 新日鉄住金大分製鉄所ラグビー部 親善試合2017年4月16日

昨年に引き続き野口原総合運動場でJALウィングス VS 新日鉄住金大分製鉄所ラグビー部の試合が開催されました。別府市ラグビー大使の向井大使を解説に迎え、ラグビーを知らない方々も楽しんで観戦しました。また、熊本・大分地震発生から1年にあたり、チャリティーマッチと位置付け両チームによる募金活動を行いました。

写真

1200人を越える観戦客が白熱した試合を観戦しました

写真

寄付金授与式

平成29年度第1回総会を開催2017年4月6日

4月6日、同委員会にて平成28年度事業報告・決算報告および平成29年度事業計画案・予算案について協議しました。

写真

第1回誘致委員会

「サンウルブズ VS トップリーグ選抜」応援バスツアーの実施2017年2月18日

北九州スタジアムで開催されたヒト・コミュニケーションズサンウルブズ VS トップリーグオールスターズの応援バスツアーが別府商工会議所主催で実施されました。ラグビースクールの子ども達を中心に80名が参加しました。

写真

会場前での記念撮影

写真

試合前のアップ練習

竹ラグビーボールがお出迎え2017年1月31日

写真

竹細工伝統産業会館内に、竹で編んだラグビーボール型の作品展示とともに、ラグビーワールドカップPRコーナーがお目見えしました。

かわら版『別府でスクラム組もうぜ!』vol.1発行2017年1月16日

ラグビーワールドカップ2019™大分県開催へ向け、身近なラグビーの話題から、世界のラグビートピックスまで幅広い情報をお届けします。おおむね隔月での発行を目指します。来庁者向けに、市役所庁舎1階総合案内前のブースに印刷版(モノクロ)を設置。お店などで置いていただける場所があればご連絡ください!すぐに持って行きます。

多目的グラウンド整備費負担軽減、交付金等を確保2016年12月1日

実相寺多目的グラウンド整備費用のうち市負担分軽減のために、あらたに国土交通省の交付金と日本スポーツ振興センターの助成金を歳入として確保しました。

誘致委員会でラグビーW杯公認キャンプ応募を報告2016年12月1日

第3回国際スポーツキャンプ誘致委員会を開催。12月1日付でラグビーワールドカップ2019™公認チームキャンプ地選定プロセス応募申請書を提出することを報告しました。

第3回委員会資料

公認チームキャンプ地への応募申請を表明2016年11月30日

定例市長記者会見で長野市長が、翌12月1日付でラグビーワールドカップ2019™公認チームキャンプ地選定プロセスに応募する予定であることを表明しました。

トップリーグ試合会場で『別府をPR』2016年10月16日

大分銀行ドームで行われたジャパンラグビートップリーグ キヤノンイーグルスvs神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦で、別府市役所職員有志の応援団が『別府でスクラム組もうぜ!』横断幕を掲げ、観戦しながら別府のPRにも取り組みました。当日、テレビ放送のゲスト解説は、別府市ラグビー大使の向井さんと後藤さんで、番組冒頭に別府市のことをしっかりとPRしてくださりました。

写真

2019年試合会場となる大銀ドーム

写真

観客数10,514人!

親子で楽しむ!はじめてのラグビー2016年10月15日

ラグビーボールを使って身体を動かす楽しさを感じてもらうことを目的に開催。勤労者体育センターに集まった子どもと保護者約30人が、別府市ラグビー大使向井昭吾さんの指導の元、楽しみながら思い切り身体を動かしました。参加者には、翌日大分銀行ドームで開催されるトップリーグの観戦チケットがプレゼントされました。

写真

タグ争奪戦

写真

親子の絆が深まりました

姉妹都市ロトルアから高校生ラグビーチーム来別2016年10月8~11日

ニュージーランド北島に位置する姉妹都市ロトルアから高校生ラグビーチームが別府市を訪問、ホームステイや市内観光、ラグビー親善試合などを通じて交流を図りました。

写真

意地と意地のぶつかり合い

写真

ロトルア市高校選抜にくらいつく大分県高校選抜

写真

子ども達と鬼ごっこ

写真

ノーサイドの精神

写真

アフターマッチファンクション

幼稚園児がラグビー体験2016年9月28日

別府市ラグビーフットボール協会が、ラグビーワールドカップ大分県推進委員会の委託を受け市内で始めて実施しました。明星幼稚園の年長クラスから59人が参加し、ラグビーボールを使った鬼ごっこやリレーを楽しみました。また、ラグビー日本代表のレプリカジャージを着て記念撮影も行いました。

写真

興味深く説明を聞く子ども達

写真

先生も一緒に子ども達と楽しくボールに親しみます

姉妹都市(英国・バース市)に公式訪問団2016年8月17~21日

団長の長野市長ら官民の11人は、バース市のポール・クロッスリー市長やラグビーW杯2015イングランド大会でオーストラリアチームの公認キャンプ地となったバース大学関係者、イングランドプロラグビープレミアシップに所属するバースラグビーチームスタッフなどとの意見交換や施設の視察を行いました。

写真

(ポール・クロッスリー)バース市長(左)、バースラグビー(中央)、長野市長(右)

写真

バースラグビーチームサブ練習グラウンド

実相寺多目的グラウンド整備予算案を提案2016年8月24日

平成28年9月の市議会定例会への予算案提案を前に、市議会全員協議会で整備事業計画の説明を行いました。これまでなかった雨水排水の整備を行ったうえで、全面に天然芝を張り、防球ネットや照明設備を整備する計画です。

説明資料

『世界のサカタ』来別2016年6月28日

日本ラグビーフットボール協会副会長の坂田好弘さんが別府市役所を訪れ、長野市長と会談を行いました。坂田さんは、現役時代FLYING WING SAKATA (空飛ぶウィング・サカタ)として名を轟かせ、2012年に国際ラグビー殿堂入りを果たした伝説のラガーマンです。坂田さんは、「キャンプ誘致成功には街全体の雰囲気作りも重要。また、子どもたちが安心してプレーできる環境づくりを」とアドバイス。

写真

長野市長から贈られたラグビーボール型竹製オブジェを手に取り「とてもすばらしい」と坂田好弘さん(前列左から2人目)(2016年6月28日撮影)

誘致に向けた施設整備方針案を説明2016年6月27日

第2回国際スポーツキャンプ誘致委員会を開催。5月に公表されたラグビーワールドカップ2019公認チームキャンプ地ガイドラインの基準を満たすための施設整備方針案を示し説明を行いました。

第2回委員会資料

別府ラグビーフェスティバル2016年6月18~19日

1日目は、別府市ラグビー大使の向井昭吾さんとコカ・コーラレッドスパークスの福田哲也、町野泰司両選手を指導者に迎え、『ラグビーを体験しよう!』をテーマに、ラグビー初体験の子どもとラグビースクール生がボールに親しむさまざまなプログラムに取り組みました。また、別府鶴見丘高校ラグビー部への技術指導も行われました。2日目は、会場を立命館アジア太平洋大学(APU)に移し、別府市ラグビーフットボール協会に所属する、別府鶴見丘高校ラグビー部、APUラグビー部、別府ラグビーフットボールクラブがそれぞれ招待試合を行った。

写真

全員集合

写真

「声を出して!元気よく」と
ラグビー大使の向井昭吾さん

写真

元ラグビー日本代表フルバック直伝の指導を受ける別府鶴見丘高校ラグビー部員たち

写真

『分厚い!』現役トップリーガーの背中

写真

2日目の開会式、各チームの選手が勢ぞろい
(APUグラウンド)

写真

タックル後のボールにすばやく絡む
(別府鶴見丘高校vs高田高校)

写真

大きくボールを動かし、スペースを突く
(別府鶴見丘高校vs高田高校)

写真

スクラムで主導権を握りたい両チームの意地がぶつかる
(別府ラグビークラブVS不滅のウルトラマンクラブ)

ラグビー親善チャリティーマッチ2016年5月14日

日本航空ラグビー部『JAL WINGS』と新日鉄住金大分製鉄所ラグビー部の試合が行われました。約20年ぶりにラグビーポールを据えた野口原総合運動場で600人あまりの来場者が観戦。試合はJAL WINGSが46対14で快勝。

写真

接点での激しいプレー

写真

試合後、両チームがお互いの健闘を称えた

JAL WINGSがタグラグビー教室開催2016年5月13日

ラグビー親善チャリティーマッチを翌日に控えた日本航空ラグビー部『JAL WINGS』のメンバーが、「別府の子どもたちのために」と開催。総合型地域スポーツクラブ南立石エンジョイクラブと別府ラグビースクールの小学生がタグラグビーに取り組みました。

写真

全員集合

写真

走り回ってボールゲット

写真

しっかりとキャッチからのパス

写真

ナイスキック!

北浜公園で普及イベント開催2016年5月4~5日

べっぷGWカーニバル会場内で、ラグビーワールドカップ2019が日本で開催されることを多くの方に知ってもらい、大会成功に向けた機運を高めることを目的に2日間にわたり『トライフォト』を開催。家族連れでの来場者を中心に多くの方が、トライポーズをきめました。

写真

『トライフォト』ブースが別府初お目見え(北浜公園)

写真

バッチリ決まった!ナイストライ!

元ラグビー日本代表が大使として強力サポート2016年4月8日

同日、別府市国際スポーツ大使・ラグビー大使に就任した向井昭吾さん、後藤翔太さん、ラグビーW杯2015日本代表vs南アフリカ戦での“神実況”で視聴者の心を振るわせた矢野武さんをお迎えしたトークイベントを開催(市ラグビーフットボール協会主催)ラグビーファンを中心に県内から約80人が集まりました。

写真

熱いトークが炸裂!
(右から矢野武さん、向井昭吾さん、後藤翔太さん)

写真

ゲストと来場者全員で2019年に向かって
『別府でスクラム組もうぜ!』

元ラグビー日本代表が大使として強力サポート2016年4月8日

別府市国際スポーツ大使・ラグビー大使に元日本代表のお二人を委嘱。向井昭吾さんは、日本代表キャップ数13、1987年第1回ラグビーW杯に出場。2000年に日本代表監督就任、2003年ラグビーW杯で指揮を執った。後藤翔太さんは、19歳以下日本代表、学生日本代表、7人制日本代表に選出され、日本代表キャップ8を持つ。現在は追手門学院大学女子ラグビー部監督を務める。両大使は、市内の練習施設を視察。早速、国際舞台で戦った経験に基づく助言をいただきました。

写真

ラグビー大使の向井昭吾さん(左)と後藤翔太さん(右)に長野市長がラグビーボール型の竹製オブジェを贈呈

写真

市内の練習施設を視察(実相寺サッカー競技場)

官民合同の組織が始動2016年3月22日

国際スポーツキャンプ誘致委員会が発足。ラグビーや行政、観光・経済団体などの関係者で構成され、ラグビーワールドカップ2019公認キャンプ地誘致や2020東京オリンピック・パラリンピック事前キャンプ誘致に向け結束を強めていきます。

写真

別府市役所で設立総会・第1回委員会開催

写真

誘致委員会会長の長野市長(中央)

姉妹都市ロトルア(ニュージーランド)を訪問2016年1月24~28日

市公式訪問団が姉妹都市ロトルア(ニュージーランド)を訪問し、本市の取組みを説明。スティーブ・チャドウィック市長ならびにベイ・オブ・プレンティー地域ラグビー協会最高経営責任者から、本市の取組みに全面協力するとの意志を確認しました。

写真

2011年大会の実績を参考に。

ホストタウン構想第1次登録にNZとの交流が選定されました2016年1月26日

同じ温泉地である姉妹都市ロトルア市の協力を得て、2019年ラグビーW杯及び2020年大会におけるニュージーランドのラグビーチームのキャンプ誘致を通し、ますますの交流を目指します。

別府ラグビースクールフェスティバル開催2015年12月13日

組織委員会アンバサダーの田沼元日本代表選手を特別ゲストに迎え、ラグビークリニックを開催しました。ラグビースクールの子ども達はもちろん、ラグビーをしたことが無い子ども達も元日本代表選手の指導に目を爛々と輝かせながら楽しそうに楕円球と戯れていました。

写真

真剣に話を聞く子ども達

夢プロジェクト開催2015年10月24日・25日

夢プロジェクトを2日間に亘り開催しました。別府公園で開催された大分県農業祭会場や立命館アジア太平洋大学(APU)の学園祭にブースを設置し、2日間で約500人の方々に2019年に向けたメッセージをいただきました。

写真

皆で盛り上げよう!

市キャンプ誘致プロジェクト職員が視察に2015年10月15日~21日

ラグビーW杯2015イングランド大会大分県視察団に、市キャンプ誘致プロジェクト職員1人を派遣。公認チームキャンプ地としてイタリア、ナミビアを受け入れたCOBHAM RUGBY CLUB、おなじくオーストラリアを受け入れたバース大学に足を運び、練習施設等を視察し、関係者から話を伺いました。

写真

貴重な視察です

ラグビーPRブース設置2015年10月1日

市庁舎内の正面玄関前ロビーにラグビーPRブースを設置しました。ラグビーW杯の情報やラグビーイベントの情報を掲載し、一人でも多くの市民の方々にラグビーの魅力が伝わるよう願っています。

写真

ラグビーの魅力伝えます

ラグビーW杯2019別府キャンプ誘致プロジェクトチーム発足2015年7月23日

市役所内にラグビーW杯2019別府キャンプ誘致プロジェクトチームを発足。関係各課から集まった職員が、所属部署の垣根を越えて、キャンプ誘致に向け協議・検討を始めました。

写真

庁内プロジェクトチームのミーティング

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る