文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
市政

平成29年度第3回人権教育学級
(差別をなくす市民の集い)

日時:
8月22日(火)13:30〜15:30
場所:
ビーコンプラザ 国際会議室
テーマ:
「もう一度立ち止まって人権問題を考えてみよう」
〜部落差別解消推進法を中心に〜
講師:
堀内 忠(ほりうち ただし)さん
田川地区人権センター参与、公益社団法人福岡県人権研究所副理事長

堀内忠先生のご紹介と講演について

写真
写真

講師の堀内 忠さんは、中学校教諭として勤めながら、1965年より田川郡で識字運動を起こし、その後現在まで、同和教育運動、人権問題啓発活動に携わってこられました。差別の現状を直視し、差別の実態の中から、差別解消の方向を見出していきたいとの思いで実践をなさっています。  昨年、人権問題に関する法律「障害者差別解消法」「ヘイトスピーチ解消法」「部落差別解消推進法」が施行されましたが、私たちの日常生活に浸透しているとはいえません。
これらの法律が生まれた背景とともに、私たちの日々の生活中で人権問題と向き合うヒントをお話しいただきます。
(人権問題啓発推進広報紙「差別をなくす運動月間」特集号 より)

講演概要

一 人権問題に関係する法律について

写真
写真

二 人権問題や差別についてどう考えたらよいか

1 人権問題は難しい?

三 昨年施行の三つの法律

1 障害者差別解消法について

写真
写真

2 ヘイトスピーチ解消法

3 部落差別解消推進法

四 残された課題

1 人権政策を総括すると

写真
写真

2 お願いしたいこと

お問い合わせ

人権同和教育啓発課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎4F)

電話:0977-21-1291

Eメール:hur-le@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る